2007年09月15日

健康を願って定期健診

動物病院に行ってきました〜!
…と言っても、マーシャが病気になったとかではなく定期健診で
行ってきたのです。

今年で15歳になった我が家の老犬マーシャは、1ヶ月に1回必ず
動物病院に行っている。
たくさん持病を抱えているし、早期発見早期治療のために定期健診
をしているのです。

人より速いスピードで歳をとる犬だからこそ定期健診がとても重要!
老化に伴う病気の発症はいつ起こるかわからないし、老犬になると
老化現象なのか病気なのかの区別もつきにくくなるので、何も問題
がなくても必ず定期的に主治医に診てもらっています。

1ヶ月に1回の定期健診は、体重や体温を計り心臓の音を聴いて
もらう聴診や体のあちこちを触ってもらう触診、そしてマーシャ
の生活状況や気になることなどを聞いてもらうなどです。

そして、4ヶ月に1回は健康診断で、血液検査や超音波検査、
レントゲンなど本格的な検査をしています。

健康で快適な老犬生活が送れるよう定期健診は飼い主の努めですからね!
DSCF4752.JPG

マーシャの体重はだんだん減ってきています。
以前2kgあった体重が、現在は1.6s…抱き上げるととても軽い。。。
歳をとっていくと若い頃に比べてやせるのが老化だから仕方ないけど…
体を触ると骨のゴツゴツ感があってやせているなとしみじみ感じる。

心配している心臓の病気(この記事参照→高齢犬の病気)の進行状況は
いまのところ心配ないらしい。
これも発症した9歳の時からずっと薬を飲んでいるおかげだろう。
この老化に伴う心臓の病気は発症し始めた初期の頃から飲み続けると、
4,5年後の病気の進行状況(生存率)が違うらしい。

今一番心配しているのは、日に日に足腰が弱くなっていること…



心配なマーシャの足腰は…?続きはこちら

ニックネーム のらのら at 00:50| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

せつない気持ち

9月ですね。。。
日が落ちるのが早くなりましたね。。。
北海道は日に日に気温が下がり早くも秋の気配がします。

先日、悲しいことがありました。

出張トリミングしていたシーズーが天国に召されました。
重度の心臓病で生きているのが奇跡と獣医さんが驚いたワンコでした。
毎日何種類もの薬を飲み、獣医さんが往診で注射を打ちに来るくらい
重度の心臓病で何度も危篤状態を乗り越えて生きていたという14歳の
老犬シーズー。

心臓になるべく負担をかけないよう、時間をかけずトリミングする
ためにシャンプーなしで爪切りと伸びた被毛のカットのみでした。
カットも時間をかけないようにとハサミではなくバリカンで刈って
ました。

そのシーズーはこちらの記事で右 「病犬のトリミング」

トリミング中に心臓発作が起こり倒れたこともありました。

出張トリミングに行くたびに飼い主さんから
「生きていたらまた次回トリミングお願いしますね」
と、ドキッとすることを言われていました。

出張トリミングの依頼が来るたびに
「よかったぁ〜生きているんだ」と安心してました。

しかし今回は、前回トリミングしてから2ヶ月以上経つけど依頼が来ない…
まさか…     予感的中…

お花を持って最後のお別れに行きました。



ブログでも紹介した友人トリマーの愛犬(遺伝性疾患について考える)や
知人のネコちゃんも亡くなり(ネコのトリミング)悲しいことが続いている。


我が家のマーシャも15歳という老犬で持病をたくさん抱えている。
今まで何度も手術をしたし、毎日心臓の薬を飲んでいる。

亡くなったワンコやネコちゃんの話を聞くと、どうしてもマーシャと
オーバーラップしてしまう。

犬は人間より寿命が短いことはわかっている。
私に何か問題がなければ、間違いなくマーシャの最期を看ることになる。

こんな本を読んでみたりして、心の準備はしているつもり。。。
ペットを見送るマナーブック―メモリアルの準備と心がまえ
ペットを見送るマナーブック―メモリアルの準備と心がまえみなと かおる


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



でも…
いざその時となると、自分がどうなってしまうのかわからない。。。



せつない気持ち…続きはここをクリック
ニックネーム のらのら at 00:42| 愛犬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする