2007年10月31日

またまた…再発。。。

3週間前のこと…
マーシャが突然、口を開けながら左に90度近く首を曲げた。

えっ?!
今まで見たことのないこのマーシャの行動に驚く。。。

何度も何度も口を開けながら左に首を曲げるマーシャ…

まさかっ!首が曲がるということは…
老犬に突発的に発症する「前庭疾患」になったの???
こちらを参照→ 「前庭疾患」

でも、眼球はグルグル回っていないし、ふらついてもいない。。。
口を開けて首を曲げる以外は、いたって正常なマーシャ。
いったい何が起きているの?
マーシャの体はどうなってしまうの?

口を開けるということは…左に首を曲げるということは…?
左側の口を触るととても嫌がるマーシャ…
左のアゴを触ると痛がるマーシャ…

もしや…この症状は…
嫌がるマーシャの口を開けて見てみると…
やはり、予感的中。。。
左下の歯グキが真っ赤に腫れていました。。。

そうです。
またしても、歯周病になってしまったようです顔(なに〜)

左のあごの下をよく見ると、ぷっくりと赤く腫れているではないか!
歯周病で歯ぐきが腫れ違和感があって首を曲げる行動になったんだね。

マーシャが歯周病になったのは今回が初めてではない。
今まで何度も歯周病になって抜歯をしている。
過去の歯周病についてはこちら→ 「抜糸終了」


歯周炎の予防は歯磨き
2年前に歯周病になって抜歯して以来、毎食後歯磨きしていたのに…
なぜまた歯周病に…。。。
こちらも参照→ 「歯周病予防」


さっそく、主治医に診察してもらうと、
「歯周病だね」と…予想通りの病名が告げられた。
「抗生剤で炎症をある程度抑えることはできるけど、根本的な治療は
原因となっている歯を抜くことだよ」
と言われ…

ええ…わかっていますとも!
何度も歯周病になりその度に抜歯手術をしていますから。。。
だからこそ、毎食後に歯磨きをしていたのに!

マーシャの歯自体は毎日の歯磨きで歯石はほとんどなくきれいな歯を
しているのですが、歯周ポケットになりやすいく細菌が感染しやすい
体質みたいです。
歯だけではなく、歯周ポケットまで深く歯磨きしなければならなかった
ようです。。。


抜歯するということは、全身麻酔するということ。
15歳という高齢の全身麻酔は当然リスクがある。
2年前の抜歯手術に比べ今回の抜歯手術の方がリスクは大きい。
一昨年は歯周病で2度の抜歯手術、昨年は乳腺腫瘍で手術、
今年は歯周病で抜歯手術、毎年全身麻酔をしての手術をしているもうやだ〜(悲しい顔)

あ〜〜あ、15歳になっての手術はとっても心配だよ!!!
でもでも、抜歯しなければ歯周病が治らない。。。

…悩んでも仕方がない。この病気を治してあげなければ!

不安いっぱいの中、先日抜歯手術をしました。


抜歯手術は成功したのか?…続きはこちら

ニックネーム のらのら at 18:41| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする