2007年11月24日

関節ケア対策

寒い!すっごく寒い!!

なまらしばれてわやぁ〜〜〜!!!
(この意味はこちらを→ 「なまら北海道弁」 )

まだ紅葉が始まってない地域や今現在紅葉真っ盛りの地域もあるようで…

北海道は紅葉なんてものはとっくに終わり、雪ですよ雪
日中の最高気温が氷点下という日が多くなってきた。。。

コタツだけではもう寒さに耐え切れなくなり、ストーブがついに活躍。

ストーブの前で気持ちよさそうに寝ているマーシャ。
DSCF5240.JPG

老犬マーシャのために、一日中ストーブで部屋を暖かくしていたいけど
今年は灯油の価格が高騰しているからけっこうつらいっすあせあせ(飛び散る汗)

今年は省エネのコタツの出番が多くなりそう。。。
日中はおコタで朝晩はストーブの暖房対策でこの冬を乗り切ろう!
マーシャも日中はコタツにモグモグしてます。。。
DSCF5308.JPG




さてさて、前回の記事で歯周病予防対策として口内ケアのサプリを使い
始めたと書きましたが、それと同時に関節軟骨対策サプリも飲み始めて
います。



関節軟骨対策サプリとは?…つづきはこちら

ニックネーム のらのら at 17:38| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

歯周病予防対策

先日、歯周病になり麻酔のリスクを乗り越えて抜歯手術をしたマーシャ…

歯周病のためしばらくシャンプーすることができず、ボサボサ被毛の
みすぼらしい姿になっていたマーシャ…

手術後の回復が以前に比べ遅くとても心配したけど、今現在はすっかり
回復し元気になったので、先日1ヶ月ぶりにシャンプーしました。

marshatrimming2.JPG

プードルってトリミング後は本当に美しく変化しますね〜!

さてさて…シャンプーしてきれいになったマーシャだけど…

歯周病を繰り返し、何度も抜歯手術している。
(その記事はこちら→ 「抜歯終了」 )

そのたびに歯磨きの必要性を感じて、毎日食後に歯磨きしていたのに…
(その記事はこちら→ 「歯周病予防」 )


毎日歯磨きしているのになぜ歯周病になるのだ?
歯磨きの仕方が悪いのか?
体質的に歯周病になりやすいから仕方がないことなのか?

なにか対策をしなければ、また歯周病になって抜歯手術することに
なってしまう。。。
これ以上、老犬マーシャに手術という大きな負担をかけたくない!

歯磨きしていても歯周病になってしまうマーシャに、何かもっといい
予防対策はないのかっ?!


マーシャの歯周病予防対策とは…続きはこちら
ニックネーム のらのら at 14:08| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

秋が過ぎ…冬支度

寒いですね〜〜〜〜
日に日に寒さが増す北海道です。

散歩コースにある公園の木々は季節を知らせてくれます。
緑の葉が少しづつ秋色に変わってきました。
秋が来たと知らせてくれてます。
DSCF4995.JPG

散歩で公園を通る度に、木々の葉の色が変わっていくの見て
本格的な秋がやってきたと感じる。
DSCF5078.JPG

公園の芝生には、落ち葉が少しづつ増えてきました。
DSCF5005.JPG

北海道は紅葉が真っ盛り。
公園の木々の葉もすべて黄色やオレンジなど鮮やかな色に変わりました。
DSCF5164.JPG

芝生も落ち葉で埋め尽くされて、まるで落ち葉のじゅうたんみたい。
DSCF5275.JPG


毎日、散歩で公園を通るのが楽しみになった。
紅葉の移り変わりが楽しみで、落ち葉のじゅうたんの中を歩くのが
なんだか気持ちがいい。

楽しみもつかの間…
鮮やかな色に変わった葉は、日に日に落ち葉となって地面に落ちていく。
DSCF5191.JPG


あっという間に、木々の葉はすべて落ち葉となってしまった。
北海道の秋は短い。。。
DSCF5267.JPG

鮮やかな色の落ち葉もあっという間に枯れ葉のじゅうたんに
なってしまった。
DSCF5132.JPG

今年の夏は猛暑で、紅葉の時期も遅れているという。
本州では、今紅葉が真っ盛りのところもある。
今年の冬は、暖冬だとも言われている。。。

しかし…
北海道の秋は終わりました。
そして、11月2日に札幌で初雪が観測されました。
昨年より10早い初雪です。

昨年よりも雪が積もるのは早いかも…
昨年よりも寒い冬になるかも…

異国北海道です。。。

いよいよ冬がやってくる。
さて、我が家も冬支度をしなければ!



我が家の冬支度は?・…続きはこちら
ニックネーム のらのら at 23:37| 愛犬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

今度こそ幸せに!

先月1ヶ月間、我が家でダックスを預かっていました。
DSCF4889.JPG

預かっていたというより里親が見つかるまでの間、我が家が仮宿に
なっていたのです。

そのダックスというのは、以前記事にしたことがあるのですが…
こちらの記事をぜひ右 「命の責任」

今度は、親ダックスも手放した。。。

離婚して独りになってさみしいからと親ダックスだけを残し一緒に
暮らしていたが、もう面倒見ることができないからと言って手放した。

勝手だ!勝手な理由だ!

今回も自分で里親探しをすることもなく、何とかしてくれと言ってきた。
私にお願いすれば、あの子ダックスのように里親を見つけてくれると
思っているらしい。

最低だ!最低な奴だ!


この親ダックスとは、子犬の頃からのお付き合い。
ずっと私がトリミングしてきた。
専門学校の教師をしている頃に、学校のトリミング授業やしつけの授業
によく連れていった。
学生達にとても可愛がってもらっていた。

他の犬にも人にも子供にも人見知りせずフレンドリーな性格。
とても人懐っこいので誰からでも好かれる。
それに、ダックスなのに吠えることがほとんどないのだ。

こんないい子なのに…手放すなんて…

こんな最低な飼い主のことをグチグチ言っていてもしょーがない!
犬には罪はない。


とりあえず、我が家で引き取り預かることに。

でも…我が家には、犬嫌いな老犬がいるのよね〜
心臓病やてんかん持ちだからあまり興奮させたくないのよね〜
社会化がうまくいかなかった犬ってこういうとき困るんだよね〜

反省。。。

とにかく、マーシャの視界になるべく入らない位置にゲージを設置。
我が家にいる時は、ゲージ暮らしをしてもらうことに。
部屋の中を自由に歩き回ることはしばらくできなくなるけど許してね。
DSCF5195.JPG

新たな旅立ちに向けて、食器やリードや毛布などすべて新しく購入しました。



里親は見つかったのか?…続きはこちら
ニックネーム のらのら at 20:27| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする