2007年11月06日

今度こそ幸せに!

先月1ヶ月間、我が家でダックスを預かっていました。
DSCF4889.JPG

預かっていたというより里親が見つかるまでの間、我が家が仮宿に
なっていたのです。

そのダックスというのは、以前記事にしたことがあるのですが…
こちらの記事をぜひ右 「命の責任」

今度は、親ダックスも手放した。。。

離婚して独りになってさみしいからと親ダックスだけを残し一緒に
暮らしていたが、もう面倒見ることができないからと言って手放した。

勝手だ!勝手な理由だ!

今回も自分で里親探しをすることもなく、何とかしてくれと言ってきた。
私にお願いすれば、あの子ダックスのように里親を見つけてくれると
思っているらしい。

最低だ!最低な奴だ!


この親ダックスとは、子犬の頃からのお付き合い。
ずっと私がトリミングしてきた。
専門学校の教師をしている頃に、学校のトリミング授業やしつけの授業
によく連れていった。
学生達にとても可愛がってもらっていた。

他の犬にも人にも子供にも人見知りせずフレンドリーな性格。
とても人懐っこいので誰からでも好かれる。
それに、ダックスなのに吠えることがほとんどないのだ。

こんないい子なのに…手放すなんて…

こんな最低な飼い主のことをグチグチ言っていてもしょーがない!
犬には罪はない。


とりあえず、我が家で引き取り預かることに。

でも…我が家には、犬嫌いな老犬がいるのよね〜
心臓病やてんかん持ちだからあまり興奮させたくないのよね〜
社会化がうまくいかなかった犬ってこういうとき困るんだよね〜

反省。。。

とにかく、マーシャの視界になるべく入らない位置にゲージを設置。
我が家にいる時は、ゲージ暮らしをしてもらうことに。
部屋の中を自由に歩き回ることはしばらくできなくなるけど許してね。
DSCF5195.JPG

新たな旅立ちに向けて、食器やリードや毛布などすべて新しく購入しました。



里親は見つかったのか?…続きはこちら

ニックネーム のらのら at 20:27| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする