2008年03月27日

次から次へと…

プラス気温の暖かい日が続いている北海道です。
雪がすっかり解けちゃいましたぁ〜ぴかぴか(新しい)

あ〜やっと、寒くて雪かきが大変な冬が終わったぁ〜ダッシュ(走り出すさま)
今年の冬はホントに寒かった。。。

我が家のリビングには、暖かい日差しが入り込んでポカポカ気持ちよく
マーシャはひなたぼっこを満喫中♪
DSCF5856.JPG

寒い冬の間、まともな散歩がほとんどできず運動不足になっていた
マーシャの足腰はかなり弱ってきている…。
主治医からは、足腰の筋肉を落とさないようにと無理しない程度の
散歩をすることを勧められているので、毎日少しづつ散歩しています。

昨年よりもさらに歩くスピードは落ちてきて、かな〜りゆっくり
スローペースの散歩になってます。
日々感じる足腰の老化。。。

先日、しばらくぶりにマーシャにてんかん発作が起こりました。
昨年1年間は、発作らしきものはほとんど起きなかったのに…
どうして急にてんかん発作が…?
う〜ん…ちょっと心配。。。これは老化とは関係があるのだろうか?

もうひとつ、気になり心配なことがある。
明るいところや日が当たる場所に行くと、マーシャの目はまぶしさで
開けていられなくなり、そして動けなくなってしまう。
DSCF5656.JPG

室内でも外の散歩の時でも、マーシャにとって明るいところはかなり
まぶしく感じるようでまったく前に進めず、手足がパニックを起こした
ようになりこけてしまうこともあるのだ。

以前、目が白く濁ってきたので診察してもらったが「水晶体硬化症」
という老化による疾患で視力は失わないとのことでちょっとホッと
していたけど…
マーシャの目がとても気になる…心配になり主治医の診察を受けた。

主治医に診察をしてもらい、可能性のある疾患の説明を受けたけど、
眼科の専門医の診察を受けた方が確かだということで、主治医の知り
合いの眼科専門医を紹介してもらい、診察を受けることになりました。
つまり、セカンドオピニオンですね。

う〜〜〜マーシャ…次から次へと病気が発症…もうやだ〜(悲しい顔)

高齢になると健康維持って難しいですね。。。

マーシャの目については、次回の記事にて…犬(泣)



ニックネーム のらのら at 11:47| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

試してみたけど…

3月に入ってからの北海道は、プラス気温が続いて暖かい〜晴れ
まぁ、プラス気温と言っても6℃とか7℃とかまだ一ケタの気温だから
本州に住んでいる方からみると、寒い北海道だとは思うけど。。。

この暖かいプラス気温が続く日々で、ストーブの活躍も減り、雪解け
もかなり進みました。
道路には雪がまったくなくなりました〜!
冷たい雪の上を歩くのを拒否していたマーシャはだけど、やっと
まともな散歩ができるようになりました。
暖かくなったとはいえ、一ケタの気温はまだまだ老犬には寒いので
セーターを着ての散歩ですが…
DSCF5844.JPG

道路には雪がなくなったけど、まだすべて雪が解けたわけではなく、、
雪捨て場となっていた道路の両脇には、まだ雪が残っています。
DSCF5851.JPG

すべての雪が解けてなくなるのは、まだ先のこと。。。
4月に突然雪が降るなんてことがある北海道ですからね。
北海道の春は、まだ遠い…


先日、ドッグトレーナーそのっちさんからある物をいただいた。
「マーシャに食べさせてみては?」といただいたものとは…?


試しにといただいたものとは?…続きはここ
ニックネーム のらのら at 16:54| フード・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

移り変わるペット保険

「ペットフード法案」が閣議決定され、来年春からの執行される予定と
なっていますが、、、
「ペット保険」も法改正により法的規制が加わり変わるって知ってます?

ペット保険については以前記事にもしましたが右「ペットの保険」
現在のペット保険の多くは共済制度に分類されているようで、根拠法
のない無認可共済と呼ばれるものがほとんどだそうで…
保険業の免許を受けた保険会社ではないことから、契約者の保護の
ための規制や制度が存在していないらしい。。。

法的規制のないペット保険もペットフードと同じく、様々なトラブルが
多発して問題が深刻にしてきたことにより、加入者を保護するため
規制が入ることになったよう。

だから、、、トラブルが多発してから法的規制は遅いんだってば!
トラブルが起きないように法的規制を設けるべきなんだってば!

金融庁は、今年3月までに無認可共済すべて保険業に移行させ、
法律の下で監督することを決定したとのことです。

3月って…今月ではないかっ!
では、無認可共済のペット保険の今後はどう変わるのか???

無認可共済を運営するペット保険団体は今月末の期限までに、、、
@保険会社
A小額短期保険業
B廃業あるいは合併

のどれかを選ばなければならないらしい。

どの団体も保険会社を選びたいと思うが、保険会社として運営するには
条件がかなり厳しいため、小額短期保険業として生まれ変わる可能性が
高いらしいとのこと。
すでに、廃業してしまった業社もあるらしい。。。

そんな法改正が執行されている中、日本で初めて金融庁が認可した
ペット保険がこちら右 「アリアンツ・ペット保険」

ペット保険の今後についての詳しいことはこちらを参照下
「ペット保険の今後の不安」
「ペット保険の加入先はこれからどうなる?」

ペットも人間社会と同じく高齢化が進んでます。
フードや医療の発展で長生きする犬が増えている。
長生きすると、当然人間と同じく病気の発生も多くなる。
犬の死因の1位は人間の死因と同じくガンなのだ。

健康保険があり、医療制度が整っている人間社会とは違って、
ペットの医療費は高額。
「なってからでは慌てても遅い」ということで、しっかりとした予防と
若い頃からの保険加入がペットでも当たり前の時代になってきた
のかもしれない。。。


我が家の保険対策は…続きはここ
ニックネーム のらのら at 18:58| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

食の安全

3月になってからの北海道は天気がよく気温もプラスになり
穏やかな日が続いてます。
今月は、平年よりも気温が高く雪解けが早いとのこと。

わぁ〜雪解けがはやいんだぁ〜うっれしいなぁ〜♪

しかし…
先月の北海道は激しかった。。。
何が激しいかって…もちろん、雪が激しかったのである。
DSCF5739.JPG

テレビや新聞でも報道されたけど、爆弾低気圧がやってきて猛吹雪の
悪天候に見舞われた北海道。
JRは運休、飛行機は欠航、高速道路は前線通行止めになった。
猛吹雪を通り越して、地吹雪で2メートル近い吹き溜まりがあちこち
にできて道路を完全に塞いだ。
この地吹雪と吹き溜まりが原因で、車が百台以上埋まってしまったと
いう惨事が起きた。
埋まった車中で夜を明かし、翌日救出されたとか。。。
埋まった車の中で亡くなった人もいたという。。。

運悪く、その猛吹雪の悪天候の日は仕事ではないけど、車で出かけた。
雪が激しく降っているとは思ったけど、惨事が起きるほどの悪天候に
なるとは思わず出かけたのが運のつき。。。

夜7時過ぎ…帰宅途中の道路は大渋滞になっていた。
片道2車線の道路が1車線になっていて、まったく進まない。
事故でもあったのかと思ったけど、何だか様子がおかしい…
1cmも動かず止まったままの状態が続き、止まっている車に地吹雪が
襲いかかり、車が雪で埋まっていく!!!
車から降りて、襲いかかかる雪を払い落としながら前の車が動くのを
ひたすら待った。
このまま、この車の中で夜を明かすかもと思い、かなり不安な時間を
過ごした。

自宅まで50分で帰れるのに、4時間もかかった。
途中、トラックやトレーラー、乗用車が吹き溜まりになった雪に埋もれ
完全にストップしてしまった光景をあちこちで見た。
吹き溜まりの雪でタイヤが埋まりそうに何度もなり、猛吹雪で1m先も
見えない中、必死の思いで運転して帰ってきた。

今から思えば、不幸中の幸いだったと思う。
無事、何事もなくあの猛吹雪の中帰って来れたから、運が悪いのではなく
運が良いのかもしれない。。。

その後、雪は降り続き…気がつくと、昨年よりも多い積雪量になった。
除雪しようにも、雪を捨てる場所がもうない。。。
道の両脇には2メートル以上の雪が積み上げられている。
DSCF5799.JPG

もうウンザリ…
雪はもう見たくない…

冬の時期になると毎回思うことは…
雪の降らない地域へ移住したい。。。

さて、本題の食の安全については…ここをクリック
ニックネーム のらのら at 17:16| フード・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする