2008年03月05日

食の安全

3月になってからの北海道は天気がよく気温もプラスになり
穏やかな日が続いてます。
今月は、平年よりも気温が高く雪解けが早いとのこと。

わぁ〜雪解けがはやいんだぁ〜うっれしいなぁ〜♪

しかし…
先月の北海道は激しかった。。。
何が激しいかって…もちろん、雪が激しかったのである。
DSCF5739.JPG

テレビや新聞でも報道されたけど、爆弾低気圧がやってきて猛吹雪の
悪天候に見舞われた北海道。
JRは運休、飛行機は欠航、高速道路は前線通行止めになった。
猛吹雪を通り越して、地吹雪で2メートル近い吹き溜まりがあちこち
にできて道路を完全に塞いだ。
この地吹雪と吹き溜まりが原因で、車が百台以上埋まってしまったと
いう惨事が起きた。
埋まった車中で夜を明かし、翌日救出されたとか。。。
埋まった車の中で亡くなった人もいたという。。。

運悪く、その猛吹雪の悪天候の日は仕事ではないけど、車で出かけた。
雪が激しく降っているとは思ったけど、惨事が起きるほどの悪天候に
なるとは思わず出かけたのが運のつき。。。

夜7時過ぎ…帰宅途中の道路は大渋滞になっていた。
片道2車線の道路が1車線になっていて、まったく進まない。
事故でもあったのかと思ったけど、何だか様子がおかしい…
1cmも動かず止まったままの状態が続き、止まっている車に地吹雪が
襲いかかり、車が雪で埋まっていく!!!
車から降りて、襲いかかかる雪を払い落としながら前の車が動くのを
ひたすら待った。
このまま、この車の中で夜を明かすかもと思い、かなり不安な時間を
過ごした。

自宅まで50分で帰れるのに、4時間もかかった。
途中、トラックやトレーラー、乗用車が吹き溜まりになった雪に埋もれ
完全にストップしてしまった光景をあちこちで見た。
吹き溜まりの雪でタイヤが埋まりそうに何度もなり、猛吹雪で1m先も
見えない中、必死の思いで運転して帰ってきた。

今から思えば、不幸中の幸いだったと思う。
無事、何事もなくあの猛吹雪の中帰って来れたから、運が悪いのではなく
運が良いのかもしれない。。。

その後、雪は降り続き…気がつくと、昨年よりも多い積雪量になった。
除雪しようにも、雪を捨てる場所がもうない。。。
道の両脇には2メートル以上の雪が積み上げられている。
DSCF5799.JPG

もうウンザリ…
雪はもう見たくない…

冬の時期になると毎回思うことは…
雪の降らない地域へ移住したい。。。

さて、本題の食の安全については…ここをクリック

ニックネーム のらのら at 17:16| フード・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする