2008年06月26日

16years

昨日25日は、マーシャの16回目の誕生日でした!


DSCF6268.JPG

16歳かぁ〜
ずっと一緒に暮らしていると16年も経った感じがしない。。。

マーシャと初めて会った人は必ず子犬だと思うらしいが、マーシャの
年齢を聞いてみんな驚く。
飼い主である私でさえ、16歳の老犬には見えないと思うからね。

誕生日だといっても我が家は特別にお祝い事なんかしない。
マーシャには誕生日の意味はわからないし、ケーキだ!ごちそうだ!と
盛りあがってもそれは飼い主だけの自己満足だからね。
それに、動物病院に勤めているときは、誕生日や正月などイベントで
普段食べなれないごちそうを食べて、下痢や嘔吐や体調を崩して病院
に来ていたかわいそうなワンコたちをいっぱい見てきているからね。
飼い主の自己満足のために迷惑しているワンコがたくさんいるんだよね(-_-;)

祝い事をするよりも、マーシャの普段の生活を充実させることが
一番のプレゼントだと思う。
人間よりも速いスピードで年をとる犬だからこそ、一日一日楽しく
快適な生活を提供することがイベントよりもお祝い事よりも大切だ
と思うのだ。


たくさんの病気を抱えて、足腰も弱くなりヨタヨタしてるけど、まだ
まだ元気なマーシャ!
先日の定期健診では、とりあえず今のところ大きな問題はなし。
これから老化はまだまだ進んでいくけど、ゆっくりまったりマーシャ
のペースに合わせていくからね。
来年の17歳の誕生日もまた元気に過ごせたらいいね。


そろそろコタツ布団片付けたいんだけど…
DSCF6280.JPG



ニックネーム のらのら at 12:53| 愛犬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

犬と老いじたく

前回のブログでお知らせした市民公開セミナー「犬と老いじたく」
行ってきました。 

この市民公開セミナーは、北海道大学と酪農学園大学の2つの獣医学部
の教員が協力して獣医学の教育を改善しようという試みの活動だそうで
その活動の一部として大学外の一般の市民と同じ会場で講演を聞いて
もらうことが市民公開セミナーになったということらしい。
なので、会場には獣医学部の学生らしき若者がたくさんいた。

昨年の公開セミナーは開演ギリギリに行ったら、座る場所がないくらい
満杯状態だった…( 「老犬との暮らし」 )
が、今回の公開セミナーも昨年同開演ギリギリに行ったけど、ガラガラ
で座る場所はあちこち空きがある状態…拍子抜けした。

昨年の会場は、札幌市の中心部で行われたけど、今回の会場は都心部か
ら離れた酪農学園大学だったから交通機関などの問題で一般市民の参加
は少なかったのかも。。。

昨年の老犬についてのセミナーは、獣医さんたちばかりだったけど
今回のセミナーはドッグトレーナー中塚先生が講師であり、、
この本の著者でもあり、私もこの本を読んで参考になった。
犬の老いじたく―愛犬の老化と向き合うために (角川SSC新書 33)
中塚 圭子
4827550336


自宅スタジオでドッグスクールをを開催していて、しつけの本も出版
しています。(読んだことないけど…)
もっとじょうずにできる!ワンちゃんのしつけのコツ60 (コツがわかる本)
中塚 圭子
4780401038


しつけ教室に通っていた犬達が徐々に老化現象が表れてきて、飼い主
さんたちからの相談が多くなり「老犬教室」を開催したということで
今回の講演内容はその老犬教室に通っている犬達の実例が中心となって
いました。


その講演内容とは…続きはここ
ニックネーム のらのら at 14:36| 愛犬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

ひさしぶりに…

相変わらずパッとしない天気が続く北海道。。。
今年の夏はどんな天気になるのか?暑くなるのか?冷夏なのか?

さて、我が家の老犬マーシャは…かなりボサボサ状態。。。
DSCF6206.JPG

気がつけば、1ヶ月もトリミングしていない…

足腰が日に日に弱って、今ではトイレの最中にもこけることが多く
なってきた。
かなりつらそうな感じがするので、トリミングすることをを躊躇
していた。

でも、トリミングしないのも問題だ。
老犬は免疫機能が低下するから、シャンプーして常に清潔にしてあげ
なければならないのだ。

で、マーシャをトリミングしました。
最近はトリミングテーブルは使わず、低くて小さいちゃぶ台を使用。
そのちゃぶ台にカーペットを置いてトリミングテーブル代わりに。
DSCF6208.JPG

これがなかなかよくて、マーシャのストレスがトリミングテーブルの
上よりも少ないようだ。

いつもよりもスピーディにトリミング。
時間をかけずにトリミングすることが老犬にとって一番!

ちょっと雑なカットだけど、見た目よりも負担を考えてあげきゃゃね。
こうしてトリミングすると老犬にはとても見えないでしょう?
DSCF6211.JPG

高齢でも、足腰が弱くなっても、トリミングはしてあげなければね!


お知らせです…続きはここ
ニックネーム のらのら at 20:33| 愛犬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする