2005年11月12日

手作りごはん続行中

今、犬の手作り食についての本やレシピの本がたくさん出版されていますね!

それらの本には、ペットフードに対しての疑問や危険性が書かれていて
手作り食を推奨しています。


我が家もマーシャにはず〜っとドライフードを食べさせていたわけですが、
以前からペットフードに対して信用できない部分を持っていたので思い切って
手作り食にしました。
このことは、以前記事として書きました。
http://groomer.a-thera.jp/article/24866.html


手作り食については賛否両論だと思います。

獣医さんやショップの定員さんなどは
「手作り食は栄養のバランスを考えなければならないので大変です。
 でも、ペットフードは完全総合栄養食です。」

…と、言いますが、本当にそうなのだろうか?

栄養のバランスというのなら、私たち人間の食はどうなのだろう?
栄養のバランスや摂取カロリーなど考えて計算して毎日食べたりしているのだろうか?

なぜ、犬や猫にだけ栄養バランスやカロリーのことを神経質に言うのだろう?

成人女性の一日摂取しなければならない栄養素とかカロリーとかまったく知らないよ。
冷蔵庫の中の材料を見てその場で食事の献立を考えたり、3日続けてカレーライスを
食べたりするし…
でも、今まで栄養失調にもなってないし何もなく成長して生きているしなぁ〜

人間と犬やネコは違うの?



ペットフードの栄養基準「AAFCO」の基準を主流としているペットフードが
多いけど…本当のところどうなのだろう?

前回紹介した本にこんな記事が書いてあった。
ペットフードで健康になる!

アメリカのある高校生が夏休みの課題研究発表を行った。それは、「AAFCO」の栄養基準としている数値を満たす自家製ドッグフードを作るというものだった。しかし、中身はというと、履き古した革靴や廃油などを使った、まったく食用に適さないフードだったのだ。そこには確かに「AAFCO」が規定するタンパク質や脂肪、繊維、ビタミン、ミネラルなどの成分がきれいに配合されていた。

↑これを読んだら、とても信頼のある栄養基準だとは思えないです。


「無添加」「自然」「ナチュラル」などと、うたっているフードは加工品です。
自然の加工品なんてあるのでしょうか?


ペットフードに対して疑問や不安が出てきたら、もうマーシャにドッグフードを
あげることはできなくなっていた。

手作り食の本を読みまくりました。

アメリカでホリスティック医学を学んできた獣医師が書いた本
愛犬を病気・肥満から守る健康ごはん
89332045.gif

この本は手作りごはんといっても「生食」が中心です。
火を通すことによって、犬たちの身体を維持する上で重要なビタミン類や酵素の
破壊を引き起こすので生で食べさせることを勧めています。

この著者は長年ペットーフードを食べさせることによって、今までありえなかった
犬の病気の発生が起きていると言ってます。
そのなかでも「甲状腺機能障害」を引き起こす場合があると…

う〜ん……
マーシャの「甲状腺機能低下症」は長年与え続けていたドッグフードが原因かも?


疾患別の手作り食が説明されている本も参考にしました。
アメリカの獣医師が書いた本です。
犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択
犬と猫のための手作り食―ペットの健康のための賢い選択

皮膚疾患、腎臓病、内分泌症、肝臓病などそれぞれの疾患についての食事管理が
詳しく説明されています。
でも、食事レシピは大雑把で不親切でよくわからない部分が多い。
例えば…
「鶏脂肪 大さじ1」とか「骨粉錠剤 5錠」など…これってどんなもの?
「細かく刻んだ貝」…ってどんな種類の貝?

アメリカ人は獣医師でも大雑把なのだろうか?



やはり、この本がマーシャの手作りの基本となってます。
かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食   ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん

この本の著者である須崎先生のHP
http://www.susaki.com/

今回は、この病院で販売している「ドライおじや」を注文してみた。

試しにということで”トライアルセット”を注文。
届いたのがこれ↓
DSCF0836.JPG

中身は、おじやベース、乾燥ニンジン、乾燥小松菜、すこやかふりかけ、牛ガム、
栄養スープの素、ささみなどが入っている。
DSCF0839.JPG

作り方はとっても簡単!
おじやベースに乾燥野菜を肉を乗せてお湯を注ぎ、柔らかくなったらスプーンで
混ぜるだけ。
作り方↓
http://www.susaki.com/html/vet/pc_products_dryojiya_2.html

出来上がったのがこれ↓今回は友人にいただいた馬肉を入れてみた。
DSCF0884.JPG


肝心のマーシャが食べてくれるかどうか…
DSCF0888.JPG

問題なくすべて食べてくれました!
その後の便の状態もいい!

ドライおじやは、マーシャを連れて出かけたときや仕事が忙しくて食事を作れない時
にあげようと思う。


マーシャはたくさんの持病をかかえているから食事にも気を使うけど
毎日、手づくり食を愛情こめてマーシャに作ってます。




余談ですが…

良心的な質のよいペットフードや手づくり食などワンコの食のレベルも上がってきています。
しかし、おかしな食のレベルになってきている部分もあります。
今の過激なペットブームに乗って、犬用おせちの登場です!
価格はなんと!5万円!!ひぇ〜〜〜
ワンコは家族の一員だけど…ここまでする必要が???
犬用おせち↓

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20051112k0000e040043000c.html


ニックネーム のらのら at 17:29| フード・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする