2008年02月05日

食事管理は重要!

今年は、雪が少なく雪かき回数も昨年に比べてめっきり少ないのを
喜んでいたのに…
やはり…降ってしまいました…ど〜んと雪が!
DSCF5643.JPG

連続マイナス気温の真冬日が続いている北海道。。。
今日も最高気温が−3℃…毎日毎日寒いっす!!!

灯油が高騰している今冬は、ストーブよりもコタツが活躍。
マーシャも相変わらずコタツ布団にモグモグしてます。
DSCF5572.JPG

春が来るのが待ち遠しいぃぃぃ〜
雪国北海道に住んでいるからこそ、春がきたときの喜びが大きいのだ。


さてさて、先日の新聞に載っていた現在の犬社会の深刻さの記事。
「高齢半数、3割肥満、犬も猫も深刻」というタイトルの記事。
ペットフード工業会が飼い主を対象に行ったアンケート調査で、愛犬の
約半数が高齢期にあり、およそ3割は太り気味という結果が出たそうだ。
「食品や医療の進化などで寿命が延びている一方、室内飼いが主流と
なって運動不足のペットが多いのでは」
と同工業会は分析しているらしい。

確かに、肥満の原因のひとつは運動不足と言われているけど、一番
の原因は、食事管理不足だと思うのですがね。
まぁ、ペットフードを作っている団体の調査だから、フードや食事が
原因だとは言えないですよね。。。


ショップに行くと、色とりどりのおやつが棚にびっしりと並べてある。
犬用のお菓子のレシピの本もあったり。
昔と比べると、栄養価や吸収率も高くなりフードの質がは断然よくなっている。
人間の食生活と同じく犬の食生活も豊かになっている。

人間と違うのは、犬は自分の意志で食べて肥満になっている
わけではないということ。
飼い主が与える物を食べて太ってしまったということ。
愛犬が勝手に冷蔵庫を開けて食べたり、スーパーなどで食べ物を
買ってきて食べているわけではないこと。

肥満犬にしてしまった責任はすべて飼い主。
自分の管理不足だと飼い主は恥じるべきなのに、テレビや雑誌など
に「デブ犬」とか「ぐうたら犬」とか言って肥満犬にさせてしまった愛犬
を面白おかしく紹介していたりする。
何考えてんだ!飼い主むかっ(怒り)

自分の意志で「デブ犬」や「ダメ犬」になったわけではないのに
肥満を克服だ!改造!だと犬にスポットを当てる。
違うでしょうーーーー!!!
まず飼い主でしょう!
飼い主の意識大改造しなければ意味がないでしょう!

人間でも問題になっている肥満はあらゆる病気の原因になり
生命が危うくなる場合も多い。
愛犬の健康と長生きのことを考えると飼い主の食事管理の責任は重大。
肥満にさせてしまう飼い主の気持ちが理解できません。

肥満についてはこちらも→ 「気になる愛犬の体脂肪」


我が家のマーシャは、肥満とは無縁。
なんたって、食に興味がないので肥満になりようがない。
量が多かったかなと思っていても、いつも食べる量だけ食べて
多い分はきちんと残す。
おやつ類などは一切食べないし…。
マーシャは、自分で食事の量を管理しているようで助かっている。
でも、時々肥満になるくらいガツガツと食べて欲しいと思うこともある。

運動不足が原因って言うなら、我が家のマーシャは老化で足腰が弱り
日中でもマイナス気温の寒さなので、ほとんど散歩に行っていない。
家でもあまり動かずほとんど寝ている。
でも、ぜんぜん太らない。
食べているけど、反対にどんどんやせてきている。

人間のダイエットでも、運動よりもまず最初に食事を見直し
徹底した食事管理をすることがいいと言われていますよね。


食事管理といえば、我が家は手づくり食がメイン。
たまぁ〜に、ドライフードも食べさせてはいますが。

新しく発刊された須崎先生の手づくり食の本。
さっそく購入しました。
愛犬のための症状・目的別栄養事典
愛犬のための症状・目的別栄養事典須崎 恭彦

講談社 2008-01-25
売り上げランキング : 1287


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今までの手づくり食の本の内容とさほど変わりはないのですが、
ライフスタイルや病気の症状などに合わせた目的別に必要な栄養素
がより詳しく載っている本です。

食に興味のないマーシャも手づくり食は気に入ってよく食べてくれます。
最近は、手抜きおじやからちょっと栄養的に考えた食事を作っているので
須崎先生の今回の本はとても参考になりました。
DSCF5572.JPG

愛犬の健康を考えて病気にならない体を作るには、やはり
飼い主さんの愛情のある食事管理が重要ですよね。


DSCF5575.JPG
我が家のマーシャは、たくさんの病気を抱えているけど、
手づくりおじやで元気いっぱいです。



ニックネーム のらのら at 14:17| フード・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする