2008年03月05日

食の安全

3月になってからの北海道は天気がよく気温もプラスになり
穏やかな日が続いてます。
今月は、平年よりも気温が高く雪解けが早いとのこと。

わぁ〜雪解けがはやいんだぁ〜うっれしいなぁ〜♪

しかし…
先月の北海道は激しかった。。。
何が激しいかって…もちろん、雪が激しかったのである。
DSCF5739.JPG

テレビや新聞でも報道されたけど、爆弾低気圧がやってきて猛吹雪の
悪天候に見舞われた北海道。
JRは運休、飛行機は欠航、高速道路は前線通行止めになった。
猛吹雪を通り越して、地吹雪で2メートル近い吹き溜まりがあちこち
にできて道路を完全に塞いだ。
この地吹雪と吹き溜まりが原因で、車が百台以上埋まってしまったと
いう惨事が起きた。
埋まった車中で夜を明かし、翌日救出されたとか。。。
埋まった車の中で亡くなった人もいたという。。。

運悪く、その猛吹雪の悪天候の日は仕事ではないけど、車で出かけた。
雪が激しく降っているとは思ったけど、惨事が起きるほどの悪天候に
なるとは思わず出かけたのが運のつき。。。

夜7時過ぎ…帰宅途中の道路は大渋滞になっていた。
片道2車線の道路が1車線になっていて、まったく進まない。
事故でもあったのかと思ったけど、何だか様子がおかしい…
1cmも動かず止まったままの状態が続き、止まっている車に地吹雪が
襲いかかり、車が雪で埋まっていく!!!
車から降りて、襲いかかかる雪を払い落としながら前の車が動くのを
ひたすら待った。
このまま、この車の中で夜を明かすかもと思い、かなり不安な時間を
過ごした。

自宅まで50分で帰れるのに、4時間もかかった。
途中、トラックやトレーラー、乗用車が吹き溜まりになった雪に埋もれ
完全にストップしてしまった光景をあちこちで見た。
吹き溜まりの雪でタイヤが埋まりそうに何度もなり、猛吹雪で1m先も
見えない中、必死の思いで運転して帰ってきた。

今から思えば、不幸中の幸いだったと思う。
無事、何事もなくあの猛吹雪の中帰って来れたから、運が悪いのではなく
運が良いのかもしれない。。。

その後、雪は降り続き…気がつくと、昨年よりも多い積雪量になった。
除雪しようにも、雪を捨てる場所がもうない。。。
道の両脇には2メートル以上の雪が積み上げられている。
DSCF5799.JPG

もうウンザリ…
雪はもう見たくない…

冬の時期になると毎回思うことは…
雪の降らない地域へ移住したい。。。

さて、本題の食の安全についてですが…

「ペットフード法案 閣議決定」
と、ニュースや新聞で報道されていますが、やっとペットフード
に国の規制ができるんですね。

昨年、アメリカで中国産原料を使ったペットフードで犬猫の死亡が
相次いで起こり大問題になったことがきっかけで、この法規制が
検討されたとのこと。

ペット事情については先進国の中でかなりレベルがひくい日本。。。
何か問題が起きてからでないと動かない日本人の役人さんたち、やっと今
重い腰を上げたよう…
遅いってば!!!もっと早く検討してよぉぉぉ〜!
問題が起きないように法規制を設けることをなかなかしないんだな。。。

このペットフード法案は、、、
ペットフードの製造方法や成分を規定し、有害物質を含む製品の
製造・輸入・販売を禁止。

する法案ということです。

違反者(個人)は、1年以上の懲役か100万円以下の罰金。
法人(企業など)は、最高で1億円の罰金。

という罰則が設けられているそうです。

日本のペットフードのほとんどが海外からの輸入品。
2006年のペットフードの輸入品の割合は53%を占めるそうです。

私たち人の食品もほとんどが輸入品ですよね?
日本は、食品の60%を海外からの輸入に頼っているそうで…
日本の自給率が主要な先進国の中で最低水準となっていることが
あちこちで報道されて問題となっていますよね。

私たち消費者が簡単で安い物を要求しすぎた結果、海外の輸入に
頼り、あの毒入り餃子のような事件が起きてしまった。

食品なりペットフードなり海外に依存している点では、人もペットも
同じ状況になっていますね。

厳しい規制のある人間の食品でも、昨年から期限切れ問題などで大騒ぎ。
食の安全性が問われてきている中で、果たしてペットフードの規制が
できたからといって安心していいのか不安に思ったりもする。


まぁ、以前からペットフードの危険性については本などから様々な
情報を得て知っていたけどね。。。
この本を読むと、規制がないペットフードは恐ろしくて食べさせれ
なくなりますから…
食べさせてはいけない!―ペットフードの恐ろしい話食べさせてはいけない!―ペットフードの恐ろしい話
アン・N. マーティン Ann N. Martin 北垣 憲仁

新・ペットフードにご用心! かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食 ペットの命を守る―いまからでも遅くない病魔からこう救え! 飼い主が知らないドッグフードの中身―なぜこんなに病気の犬が多いの? DOGFOOD食育読本―あなたのドッグフード選びは正しいですか?

by G-Tools

(参照までに右 「ペットフードの恐ろしい話」 )

以前は、我が家もドライフードを食べさせていたけど、今は手づくり食が
メインとなり、たま〜に国産のフードを食べさせています。
私の食事も、手間はかかるけど食材から作る手料理食が多くなりました。
たま〜に、加工食品は食べているけど…

さて、このペットフード法案を国会で成立させ、来年の春からの
執行を目指すそうで規制はまだ先ですね。

楽で簡単で安価な物って、何かしら問題というかそれなりのリスク
があると思う。
簡単で便利を追求しすぎるのも問題だよね。

我が家は今夜も手づくり食!
手間はかかるけど愛情タップリの手づくり食で老犬マーシャは元気!
DSCF5814.JPG



ニックネーム のらのら at 17:16| フード・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする