2008年06月23日

犬と老いじたく

前回のブログでお知らせした市民公開セミナー「犬と老いじたく」
行ってきました。 

この市民公開セミナーは、北海道大学と酪農学園大学の2つの獣医学部
の教員が協力して獣医学の教育を改善しようという試みの活動だそうで
その活動の一部として大学外の一般の市民と同じ会場で講演を聞いて
もらうことが市民公開セミナーになったということらしい。
なので、会場には獣医学部の学生らしき若者がたくさんいた。

昨年の公開セミナーは開演ギリギリに行ったら、座る場所がないくらい
満杯状態だった…( 「老犬との暮らし」 )
が、今回の公開セミナーも昨年同開演ギリギリに行ったけど、ガラガラ
で座る場所はあちこち空きがある状態…拍子抜けした。

昨年の会場は、札幌市の中心部で行われたけど、今回の会場は都心部か
ら離れた酪農学園大学だったから交通機関などの問題で一般市民の参加
は少なかったのかも。。。

昨年の老犬についてのセミナーは、獣医さんたちばかりだったけど
今回のセミナーはドッグトレーナー中塚先生が講師であり、、
この本の著者でもあり、私もこの本を読んで参考になった。
犬の老いじたく―愛犬の老化と向き合うために (角川SSC新書 33)
中塚 圭子
4827550336


自宅スタジオでドッグスクールをを開催していて、しつけの本も出版
しています。(読んだことないけど…)
もっとじょうずにできる!ワンちゃんのしつけのコツ60 (コツがわかる本)
中塚 圭子
4780401038


しつけ教室に通っていた犬達が徐々に老化現象が表れてきて、飼い主
さんたちからの相談が多くなり「老犬教室」を開催したということで
今回の講演内容はその老犬教室に通っている犬達の実例が中心となって
いました。


人間と同じく犬ももちろん年をとり老化していくわけだけど、愛犬の
老化現象に気づかない場合が多いようだ。
DSCF6270.JPG

愛犬の老化に直面した時大抵の飼い主さんはうろたえるばかりで
すぐに受け入れることができない。
この中塚先生も愛犬の老化に直面した時にすぐに受け入れはでき
なかったそうです。

愛犬のダルメシアンはアジリティーやディスクドッグなどの競技会
で大活躍するほど身体能力が優れていたそうですが、7歳頃から
お漏らしがひどくなり、寝ているときでも音を立ててお漏らしを
したそうです。
そして、老化とともに食に対する執着が増していったそうで、
中塚先生が食事をしている時要求吠えが続き、ゴミあさりをして
台所が荒らされたりもしたそうです。

愛犬にこのような今までしなかった異常な行動が見られても当時は
老化現象だとは思いもしなかったそうです。

あ〜〜わかりますよ!我が家もそうでした。
トイレを覚えてからそそうなど一度もしたことがなく、ペットシーツ
からずれたりすることもなく完璧なトイレ生活だったのに、ある日突然
トイレの場所とは全く違うところにトイレをしはじめ、それから度々
そそうをするようになり、どうしてなのか原因がわからず飼い主の
私はすごく戸惑っていましたからね。

今思うと、それが老化現象の始まりだったんですね。。。

今現在は、マーシャがトイレに行きやすくしやすい状態を作って
いるのでトイレとは違う場所でそそうをすることは減りました。
でも、たま〜にありますけどね。

老化現象で、若い頃に咬み癖など一度直した悪癖が再発する現象
が多いそうです。
でも、いろいろと工夫をして老犬に合ったしつけで対処できるそうです。

我が家も一度分離不安を克服して長い時間の留守番ができるように
なったのに、老化とともにまた分離不安が再発して今ではストーカー
状態に…

中塚先生の話を聞きながら、マーシャの老化現象に思い当たる
ことばかりでした。

老犬のための介護用品も実物を見せて紹介していました。
DSCF6273.JPG

寝たきりになった犬が車イス歩行とリハビリで自力で歩けるように
なったとリハビリ用に犬用車イスを改善したという体験もお話し
されていました。

今は、人間と同じく犬の介護用品もいろいろとありますから利用
して快適な老犬生活が送ることができますね。

講演後は一般の飼い主さんや獣医学部の学生さんたちからの質問
がたくさん出てて終わらず質問時間は延長に…中塚先生の前には
質問者が列を作っていました。
老犬生活について聞きたいことがいっぱいあるようですね。。。

私も現在、札幌カルチャーセンターで「老犬講座」を開催していますが
この講演を参考にして飼い主さんに充実した老犬生活を送れるよう
アドバイスしていきたいと思います。



講演の最期に紹介された詩(本にも載っています)

子犬叱るな 来た道だもの
老犬笑うな 行く道だもの
来た道行く道 二人旅
こらから通る 今日の道
通り直しのできぬ道




我が家もマーシャの快適な老犬生活を実行して行かなければ!
老犬生活進行中。。。
DSCF6279.JPG




ニックネーム のらのら at 14:36| 愛犬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする