2006年03月13日

海外の糞対策

前回の記事に取り上げた糞公害
日本だけでなく世界各地で糞公害については頭を悩ませているようです。

犬の先進国の欧米では糞対策に色々と工夫を凝らし実行しているようです。

先日、我が家に遊びに来た「楓こさん」の飼い主トレーナーさんからアメリカでの
糞対策情報をいただきました。
数年前のこと、アメリカの大会に出場するため楓こさんと一緒に渡米した時の
話しです。

アメリカのロス空港近くには、犬専用排便場所があるそうです。
LAX 143.JPG

芝生のきれいな敷地で排便をさせ、そこには糞を拾う袋が入っているBOXまで
あるそうです。
LAX 139.JPG

楓こさんと糞袋BOX…(笑)
LAX 140.JPG

その袋に糞を入れ、近くのゴミ箱にポイっと捨てるだけなんですよ!
空港内に排便場所があるなんて、愛犬と一緒の旅行の理解度が違うんですね〜
さすがアメリカ!USA!!! 



そのBOXに入っている糞袋ですが、実際に見せてもらいました。
DSCF1483.JPG DSCF1482.JPG
ビニール部分は厚くとてもしっかりとしている糞袋です。

アメリカはそれぞれの州で法律や規制が違いますが、ニューヨーク州では、
犬の糞処理は飼い主の義務として、違反すると最高で$100(約12000円)の
罰金が科せられます。



糞公害、糞対策と言えば有名なのがフランスはパリですよね?

イギリス滞在の時に、ユーロスター(高速列車)に乗って海底トンネルを超え
フランスパリに行ってきました。
あの有名なシャンゼリゼ通りの凱旋門の前で記念撮影カメラ
IMG_033jpg.JPG

パリの糞対策についてはこの本に詳しく載っていました。
パリに住む日本人が飼っている柴犬を通してパリの犬事情を面白く書いています。
パリ犬物語
パリ犬物語
posted with amazlet on 06.03.13
ミツコザハー こぐれ ひでこ
主婦の友社 (1997/01)
売り上げランキング: 520,893


この本によると、パリの犬の糞状況は…

パリに住んでいて犬の糞を踏んだことがない人はまずいない。すべって転んでしまう運の悪い人もいる。犬の糞は日本のように飼い主が始末をすればいいと思うのだが、何度呼びかけても効果なし。モートロックと呼ばれるウンコ回収バイクが街中を走り回って、真空ポンプ式の吸引ホースで犬の糞を集めている。一人のドライバーが一日約5百匹の糞を掃除しており、これに使われる税金が年間約8億円!
ph_3.jpg
パリ市の衛生に関する条例に「道路に飼い犬の糞を置き去りにした者は、600〜1300フランの罰金を科す」というのがあるのだが、実際にはポリスも知らん顔
そして、飼い主も知らん顔。一向に犬の糞が減る気配がない。


フランス人の飼い主はマナーが悪いことで有名だ。
罰金制度を設けても結局は糞処理は飼い主次第…

そこでフランスでも、ウンチ用ビニール袋が沢山詰まったボックスをパリの各所に
設置し、糞の始末は飼い主が責任を持つという対策をし始めているそうです。
IMG_56.JPG

フランス 犬の落しものクリーン大作戦
http://eco.goo.ne.jp/life/world/france/report03.html




イギリス滞在中にチェコ共和国にも旅行に行きました。
古い町並みの赤瓦の屋根に緑萌える樹木のコントラストが美しい街です。
IMG_22.JPG

チェコの首都プラハにも犬の糞袋BOXがあります。
やはりこの国も糞公害に悩まされれて入るようですね。
thumb.jpg




犬のしつけに厳しいドイツでも糞公害には悩まされているようです。
ドイツに住んで犬を飼っている日本人が書いた本にも糞対策について
書いてありました。
ドイツの犬はなぜ幸せか―犬の権利、人の義務
グレーフェ アヤ子
中央公論新社 (2000/08)
売り上げランキング: 27,203


ドイツの糞問題は…
犬の排泄物は確かに大きな問題になってきており、歩道や子供の遊び場などで、犬の糞の始末を怠った人は、200〜300マルク(約1万4千円〜2万2千円)の罰金も免れない。多くの市町村は、犬の糞の始末用セットを売る自動販売機を街角に置いてみたが、あまり効果はみられないそうだ。糞公害の対策としては一番安上がりの方法を取り、公園や緑地に犬の立ち入りを禁ずる立て札を増やしているところが多い。

ドイツは犬舎のサイズや餌などの厳しい規則があるのに、糞の始末に対しては
フランス同様マナーの悪い飼い主が多いようですね。


日本にも、糞袋BOXや糞処理BOXがあれば少しは糞公害が減るのではないかと
思ってはいたけど、犬の先進国と言われる国でもBOXを設置してもあまり効果が
ないようなので、設置しても期待はできないでしょうね〜

やはり、一番は飼い主のマナーやモラルの問題。
すべては飼い主の責任なんですよね。


欧米に比べ、動物愛護は遅れている日本だけど、飼い主のモラル向上を
目指して、糞対策くらいは模範的な国になって欲しいものです。








ニックネーム のらのら at 14:00| 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする