2005年07月10日

雨の中のドッグショー

今日は、北海道インターナショナルドッグショーの開催日

行ってきましたよ〜〜exclamationドッグショーを見学だなんて何年ぶりだろう?

2005_0710ドッグショー画像0077.JPG

7,8月は北海道でドッグショーがあちこちで開催されます
なぜかというと、ショーはほとんどが屋外、この暑い時期は野外でのショーは
犬も人もかなり危険
そこで、夏でも涼しいと言われる北海道で開催されることに…
この時期、北海道のドッグショーには日本中からショードッグがやってきますexclamation

世界最初のドッグショー1859年イギリスで開催されました
今でもイギリスで世界最大のドッグショークラフト展”が毎年開催されてます。
なんと、4日間に渡って開催されるんですよ!ちょっとした犬のお祭りです
クラフト展と並んで有名なのがアメリカ・ミューヨークで開催されるドッグショー”
ウエストミンスター展
これらは世界2大ドッグショーと言われてます。

ドッグショーは何のために、その目的はなんでしょう?
 
1.純粋犬種の普及啓蒙を図る
2.純粋犬種の繁殖の向上を図る


純粋犬種には、理想の姿、犬種標準(スタンダード)があり、ドッグ−ショーで
この犬種標準に近い犬を選出し、より理想的な純粋犬種繁殖すること。
よい血統を伝えていくために多くの人に純粋犬種を知ってもらうことが必要。


今日は運が悪く、あいにくの雨
話によると、昨年もここでドッグショーが開催されたがやはりだったとのこと…
せっかくきれいにトリミングされた犬達が雨でヌレヌレ状態にふらふら

2005_0710ドッグショー画像0084.JPG

ドッグショーの審査はトーナメント形式で行われます。
まずは、犬種ごとに審査がされ、その犬種のトップ、BOB(ベストブブリード
が選ばれます。

<これはボルゾイの審査>
2005_0710ドッグショー画像0064.JPG

<チワワの審査>
2005_0710ドッグショー画像0066.JPG

審査の基準は、一般外貌、各部の構造、性格、被毛、歩様、サイズ
視審触審によって各部を入念にチェックします。
歩かせたり、立ち止らせたり、走らせたりしてその姿を観る視審

<2頭のヨークシャテリアを歩かせて比較審査>
2005_0710ドッグショー画像0067.JPG

実際に犬のボディをあちこち触っての触審
<テントの中で1頭づつ触審中>
2005_0710ドッグショー画像0069.JPG

犬種ごとのトップ、BOBが決定したら次は、それぞれの犬種が属するグループ
のトップ、BIG(ベストイングループ)を選出

<第3グループ テリアの審査>
2005_0710ドッグショー画像0075.JPG
↑スコッティッシュ・テリア(左)の珍しい毛色ウィートン(小麦色)

<第2グループ ピンシャー、シュナウザー、モロシアンタイプ>2005_0710ドッグショー画像0074.JPG
↑公認なったばかりの毛色、ホワイトシュナウザー

それぞれのグループトップ、BIGが決定後、オスのトップKINGとメスのトップQUEEN
が選ばれる


<珍しい犬種 ローシェン>
2005_0710ドッグショー画像0080.JPG

<スタンダード・プードル>
2005_0710ドッグショー画像0081.JPG

<出ました!ブラウンのトイプードル!>2005_0710ドッグショー画像0083.JPG

いよいよ最終審査は、オスのトップKINGとメスのトップQUEENのどちらかがショーの
最高栄誉である「BIS(ベストインショー)」を獲得するのです!

しかし、雨と寒さと長時間立っていることで体の限界を感じて、BISを見ることなく
帰ってきてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

一体どの犬種がBISを獲得したのか?報告できずすみませんもうやだ〜(悲しい顔)

会場には”ペディグリーチャム”のメーカーさんがおやつの試供品を配っていました
関節、骨にいいという成分が配合されているらしいが、とてもマーシャに食べさせられないよ〜
だって、この色見てよ!赤いじゃありませんか!着色料がいっぱい含まれているよ〜
2005_0710ドッグショー画像0085.JPG

みなさんも機会があれば一度ドッグショーをご覧あれ!
ドッグショーのスケジュールは、JKCのHP”イベントのお知らせ”でチェック目
http://www.jkc.or.jp/












ニックネーム のらのら at 23:59| ショー・大会・競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする