2006年06月19日

『命』の責任

すごく重いタイトル。。。

記事にしようか迷っていたこと…

悩んだ末、記事にすることにしました。


トリマーという仕事柄よく相談されることがある。

「子犬を産ませたいんだけど」
「この子のお婿さん紹介して」


…何人もの人に相談され、頼られた。


知り合いが飼っているダックスの女の子。
近所なので子犬時代から定期的にトリミングしていた。
DSCF1397.JPG

そのダックスが2歳になり、知り合いから相談された。
「子供を産ませたいので雄犬を紹介して欲しい」…と…。


私は、安易に繁殖を勧めない。
素人繁殖は反対だ。


ペット業界で働いてきて、安易な繁殖の恐ろしさや危険さを体験してきた。
繁殖をするのなら相当な勉強をして知識をつけなければいけない。


相談されたが、私は素人繁殖の危険性と恐ろしさを説明し、子供を産ます
ことには反対だと言った。
私が子供を産ますことに反対したので驚いていた。
オス犬を紹介して、交配や出産を手伝ってくれるものだと思っていたらしい。



しかし、私の説得はむなしく…聞き入れられなかった。

「子犬が産まれたの!4匹も!」…笑顔で報告された。

知り合いでオス犬を飼っていた人を見つけたので、その犬と交配したそうだ…
それも自然交配できずに、人口受精をしたらしい…。

そこまでして子犬を産ませる意味があるのだろうか?


メスの子犬を1頭残した。
この子もいずれまた交配・出産させられるのだろうか…?

親ダックスと子ダックスのトリミングを依頼された。
気持ちはかなり複雑だったが、犬には罪はない。
きれいにツヤツヤにしてあげてい気持ちはどの犬にも同じ!
DSCF1806.JPG

子ダックスは初めてのトリミングだったので負担が少なくなるよう
気をつけてトリミングをした。
生後3ヶ月…このあどけない表情がたまらない〜!
DSCF1793.JPG



ある日、また相談された。

「私離婚することになって3人の子供を抱えているから犬の面倒まで
見れない、もらってくれる人見つけて欲しい」


…はぁ???

今まで可愛がって子犬まで産ませたのに、離婚で面倒はみれないって
突然犬は邪魔者扱いされた。

ものすごい怒りが湧き上がった!
しかし、その人たちに今さら何を言っても無駄だし、他人の離婚問題に関わることは
できなし、それよりも一刻でも早くダックスたちの里親を見つけてあげたかった。

ここで、緊急レスキュープロジェクトを開始した!
…そんな大げさなことではないが、以前から里親探しや保護活動をしたいと
思っていたのだ。
罪のない犬達に新たな幸せを見つけてあげたいのだ。

飼い主に見捨てられたそのダックスを救出し里親を見つけなければと思った!
しかし…飼い主と連絡が取れない日が続いた…。

離婚問題でもめているのだろうか…?

突然、連絡が来た…が、全く知らない人からの電話だった。

「子犬のダックスなんだけどいつ引き取りに来れます?」

…えっ???

連絡くれた人の家に親ダックスと子ダックスがいるらしい…
なんとその人が今ダックスたちを世話しているのだった。
その人は子ダックスの世話にストレスを感じている様子だった。

一刻も早くとすぐに迎えに行ったのだが、子ダックスだけ渡されて…

「親犬のほうはご主人さんが面倒みるそうよ」…と。

かなり複雑…親ダックスは果たして幸せに暮らせるのだろうか?

元飼い主はついに現れなかった…そして、全く連絡もないのだ。
犬の世話は近所の人が、里親探しは私に…
自分達で何とかしようということはみじんにも感じられなかった。

子犬はどうしているのか、無事に里親が決まったのかなど心配になって
連絡が来ることもいまだにない。



今回の救出プロジェクトには知り合いのドッグトレーナーとペアを組んで活動。
我が家はアパートだし、犬嫌いな持病もちの老犬マーシャがいるから子犬の
一時預かりは無理なのだ…。

里親さんが見つかるまでトレーナーさん宅に一時預かりしてます。
トレーナーさんのワンコたちと社会化勉強中です。
名前も仮ですが「和織(なおり)」ちゃんとつけてもらいました。
生後5ヶ月になりました。
イキイキとした表情になってきましたよ〜。
DSCF1965.JPG

身近でこんなことが起きるとは…
それも親しくしていた人がまさか簡単に捨てるとは思わなかった。

飼い主のエゴで生まれてきた和織ちゃん。
面倒みれないからと見捨てられた和織ちゃん。

和織ちゃんは何のために生まれてきたのだろう?

怒り以上に悲しみが強かった。




結婚、出産、離婚、転勤…など飼い主側の勝手な理由で可愛がっていたであろう
愛犬をいとも簡単にゴミのよう捨ててしまう人たち。

愛犬の子供を見たいからと、何も考えずに交配・出産させてしまう人たち。

その裏でどれだけの犬が不幸になっているのか想像できますか?

ペットブームとさわがれている中でどれだけの犬が殺処分されているか
現実を知ってますか?

安易な繁殖が悲惨な結果を生むことを知ってますか?


そんな現実を知ってほしい。
ペットブームといわれている中で起きている現実を…


6月20日(火)夜7時30分〜
NHK「クローズアップ現代」
増える障害犬〜ペットブームの陰で〜

http://www.nhk.or.jp/gendai/


多くの方に見て欲しい番組です。
そして「命」に対する責任の重大さを考えて欲しい




ニックネーム のらのら at 19:21| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする