2005年08月04日

犬のクローン誕生

今日は、昨日の消えた記事に再度チャレンジしようかと思ったのですが
今日の新聞にショッキングな記事が載っていましたのでそのことについて書きます。

今朝の小倉さん司会の情報番組でもこのニュースをオープンニングトークで語っていた。

「世界初 犬のクローン成功
 
人間の臓器疾患解明に道」


ついに、犬のクローンが誕生してしまいました。
たぶん、いつかはクローン犬も誕生するだろうと思ってはいたけど
やはり現実に起こるとショックですね。

韓国ソウル大学の研究チームは、クローン技術を利用して子犬を誕生されることに
世界で初めて成功した。
犬と人間の間には心臓、肝臓、前立腺といった臓器の疾患に類似があり、
クローン犬を使った
研究を通じ、こうした病気の解明、治療が進むと期待している。


今回はペットビジネスに利用するためではなく、医療のためのクローン化研究らしい

動物のクローン化は、羊、ヤギ、馬、猫などで成功例があるが、犬は体の細胞の
複製が困難
なことから、障害が多いとされてきた。

研究チームは、2002年に研究を開始
雑種犬の卵子から核を取り除いた後、生後3年のオスのアフガンハウンドの
皮膚細胞核を移植し、受精卵を作成。
生後4年のラブラドールの子宮に着床させた。
その結果、4月24日にオスの「スナッピー」が生まれた。


これまたショッキングな内容
元は、雑種犬の卵子…アフガンハウンドの核を移植…産んだのはラブラドール…
そして、生まれた子犬は核を提供したアフガンに毛色や模様まで姿かたちは
そっくりのアフガン…

本や映画の中のストーリーのような、通常ではありえない命の誕生…


今回の研究では、1095個の受精卵123匹の代理母犬に着床させ、
3匹の妊娠を確認
うち1匹は妊娠中に死亡、1匹は生後22日に死亡
現時点でスナッピーだけが生存している

テレビで見た映像で、スナッピーはピョンピョン飛び跳ねて可愛い子犬だった…

数年前、クローン猫が誕生したと話題になったニュース知ってますか?

アメリカでの話
長年飼っていた猫を亡くしたテキサス州の女性の依頼でサンフランシスコの企業が
死んだ猫のDNAから複製したクローン猫を5万ドル(約510万円)で販売した。
この企業は、昨年9匹のクローン猫を販売しており、日本進出に向けて準備中。
しかし、クローン猫の三分の一が生後60日以上生きられないという結果がある


この企業は、クローン犬の誕生に向けて研究中で、ペットロスの人や
ドッグショーで優秀な成績の犬のクローンなどでビジネスを考えているらしい。

このペットのクローンに対して、動物愛護団体では

何百頭もの猫や犬が飼い主を見つけれないのに、ペットをクローン化するのは疑問

毎年、多数の動物が安楽死させられる世の中において、ペットのクローン作成は
不必要な科学
    と、批判している。


この批判に対してクローン化した企業は

ペットのクローンの数は相対的に少なく捨てられたペットの里親に影響が出ることはない

と、述べている。
おいおい!そんな問題じゃないだろう!観点がずれているよ!
企業にしてみれば、クローンペットはビジネス道具
命ではなく所詮は商売なのでしょう…
ペットショップやブリーダーと同じだということか!

今回のクローン犬は大学の研究であり、ビジネスではない。
しかし、人間の生命のために犬の生命誕生を異常に操作したことを考えると
やはり、人間のために物扱いされたということでクローン猫と変わりがないような気がする。
科学の進歩といえるのでしょうか?


老犬マーシャと暮らしているとマーシャの死を考えることがある。
マーシャとまったりと過ごす生活がなくなることは想像ができない。
ペットロスになるだろうなぁ〜なんて思いながらマーシャと暮らしている。

P1000008.JPG

死ぬまでマーシャと一緒には理想だが、残念ながら犬は人間より寿命が短い。
だからこそ短い命を全うさせてあげたい!

クローンは死んだペットと同じ性格ではない。記憶も共有しない。
姿かたちは同一でもクローンは代わりであって、マーシャではないのだ。

私はマーシャが天国に行っても、姿かたちが同じのクローンといるより、
心の中でマーシャとずっと一緒にいたいと思う


もし、獣医さんから
「クローンを誕生させるために細胞を保存しますか」
と聞かれたら、みなさんはどうするだろう?



ニックネーム のらのら at 13:41| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする