2006年12月02日

お手入れ勉強会IN千葉

ただいまぁ〜〜!
PlayBow主催のお手入れ勉強会が無事終了し、北海道に帰ってきました。

いやぁ〜北海道は寒いですぅ〜〜あせあせ(飛び散る汗)

飛び立つ日は北海道は吹雪状態でした雪
飛行機から見える北海道の景色は雪…出発時刻が少し遅れました。
200611241218.jpg

東京に着いたら…暖かい〜晴れ
木々は緑の葉がまだついていて、紅葉ははじまったばかり。。。
北海道は5度…東京は17度…気温差12度。。。
同じ日本なのに、北海道が異国に思えました。


今回の東京滞在ではパジェロママさん宅にお世話になりました。
前回の勉強会に参加していただいたパジェロママさんから
「我が家のパジェロコンビも出張トリミングしてほしい〜」
との熱いラブコールに応えて、個人レッスンもかねてパジェロコンビ
のトリミングをしました。

パジェ君、ジェロ君、こんにちは〜お久しぶり!
DSCF2949.JPG

前回の勉強会でシャンプー法をしっかり学んだパジェロママさんは
週一でラファンシーズのシャンプー剤でシャンプーしているとのこと。

それにしてはツヤが足りない…
週一でシャンプーしているならもっと被毛はイキイキツヤツヤしているはず…

今までの出張トリミングでも、飼い主さんが週1,2回ラファンシーズ
のシャンプー剤で洗っているのに被毛の状態があまりよくならないこと
が実際に見受けられました。

何が原因かと言うと、洗い方とすすぎ方なんですね。
私のやり方を見て同じく真似してやってみても、実際には泡立て方が足りず
汚れが完全に落ちていなかったり、すすぎの時間は長くてもすすぎきれて
いなかったりと、中途半端なシャンプーをしている方が多かったんですよ。


さて、パジェロママさんへの個人レッスン開始!


まずは、私がジェロ君をシャンプーしているところをお手本として
見ていただきました。

勉強会や出張トリミングではキューティクルをいかに保つかと力を入れすぎて
説明したため、キューティクルを壊さないようにと神経質になり力をいれず
優しく泡立ててしまう方が多く、そのため泡立てが中途半端で汚れが落ちず
被毛にも汚れが残ってしまってツヤがでないという結果になってしまったのです。

毛先に向かって揉み洗いすることと、摩擦のクッションになるきめ細かい
泡をたくさん作ることを守れば力を入れて泡立ててもキューティクルは
損傷しないと説明し、力加減を体験してもらいました。


そうすると、毛の根元に残っている汚れも完全に落ちてすすぎの時から
毛のツヤが違ってくるのです。

すすぎをしている最中にジェロ君のツヤ加減を見てパジェロママさんは
驚いていましたよ!

さて、ジェロ君の仕上がりは…?
こ〜んなにツヤツヤになりました!触り心地はふわふわですよ〜
DSCF2955.JPG


今度はパジェロママさんがパジェ君を実際にシャンプーしてもらいました。
泡立て方やすすぎ方を細かく指導し、トリートメントの仕方も教えました。
DSCF2957.JPG


トリートメント中のパジェ君…蒸しタオルでトリートメントの吸収率を
アップしています。
DSCF2962.JPG

今回はドライングの仕方も教えました。
犬種や毛質によってドライングの仕方は違いますから。

パジェ君の仕上がりは…?見てください!このツヤ加減!
DSCF2969.JPG


特別な技法も道具も使ってません。
正しいやり方で基本に忠実に行うだけで違ってくるのです。
質の良いシャンプー剤で洗えばいいってことではないんですよ。


出張トリミングに行くといつも驚くのはブラッシング道具です。
スリッカーブラシがやたらと小さいサイズのを使っている方が多くて驚きます。
みなさん、「小さいほうが皮膚や被毛への負担が少ないと思って…」
とおしゃっていますが。。。
小さくても大きくてもスリッカーブラシのピンの太さや柔軟性は同じだから
その考えは意味がないと思うのだけど…たらーっ(汗)
小さいサイズではブラッシングする面積が狭いからブラシングに時間が
かかり、かえって犬の負担が大きくなるだけだと思うけど…。

飼い主さんの発想って面白いですね。


パジェロママさんもとても小さなスリッカーブラシを使っていました。
右はパジェロママさんが使っているSサイズのスリッカーブラシ。
左が私が持参して今回パジェロコンビに使ったスリッカーブラシ。
こんなにも大きさが違う〜〜〜!
DSCF2948.JPG

そのワンコの体のサイズに合わせたスリッカーブラシを使ってくださいね。

パジェロママさんのブログもよろしく!右「パジェロと一緒」



今回のPlayBow主催の「お手入れ勉強会」は千葉松戸市にある
ドッグカフェで行いました。
playbow.jpg

私のブログをいつも見てくれている方がたくさんいて、お会いできて
とてもうれしかったですぴかぴか(新しい)
前回の勉強会を参加して、今回も参加していただいた方もいて本当に
うれしいかぎりです!ありがとうございます。


今回も前回同様最初に被毛の構造や役割と犬の被毛の健康を
いかに持続させるかについて説明しました。

今回はちょっと辛口なことも話してしまいましたが…

私はカット技術やカットのデザインにはこだわりはなくいというより、実はまったく
興味がなくてカットの姿かたちはどうでもいいと思っている。
それよりも人間より弱い皮膚を持っている愛犬の健康を保つため、
被毛の健康状態に気をかけるべきだ。
きれいにカットされているワンコを見てもツヤがなく毛質が悪くて不健康な
被毛だと美しいとは思わない。

毛玉は犬への虐待だと思う。
手入れを怠る=世話を放棄している=虐待
飼い主さんが普段お手入れをきちんとしていれば毛玉はできない。
毛玉ができるということは手入れを怠っていることになる。
毛玉がどんなに愛犬へ負担が大きいか犬の立場に立ってよく考えてほしい。


プードルの飼い主さんがよく言うことは
「この子は毛玉ができやすい犬種だから…」
犬の毛質や犬種のせいにしていることがよくあります。
もつれができやすい犬種を自ら選んで飼ったのでは?
自分の化粧には時間をかけるけど、ブラッシングの時間はないと言う…。

カットのデザインや姿かたちにばかりこだわっていないで、被毛の健康状態の
ことを気にかけて欲しいと常に思ってます。


今回もラファンシーズの社長さんからシャンプー剤の提供がありました。
ありがとうございます。
DSC_0018.JPG
犬の被毛の健康を考えて作られた製品です。
ラファンシーズ http://www.lafancys.co.jp/

今回のモデル犬もPlayBow会長のちはりんさんの愛犬メイちゃんです。
DSC_0019.JPG


みなさん、とても知りたかったのはお湯の温度だそうで、今回もお湯の
温度を手で触って確認してもらいました。
想像より冷たい温度でやはり驚いていました。
playbow2.jpg

「こんな冷たくて風邪ひかないんですか?」と質問が…

本来犬に「風邪」と言う病名はないそうです。
人間の風邪に似た症状が出る病気はあるけれど、シャンプーの時に
寒くて風邪をひくということは本来ないようです。

犬の風邪について右 「風邪?という不思議な病名」
今までたくさんの犬をシャンプーしてきました。
私のシャンプーの時間はとても長いです。
シャンプー中にワンコが震えることもあります。

でも、今までシャンプーをしてきたワンコの飼い主さんから
「風邪を引いた」と言われたことはありません。
我が家のマーシャは子犬の頃からずっと長い時間かけてシャンプーを
してきましたが風邪を引いたことは一度もありません。

犬は人間が思っている以上に寒さに対して強い動物です。
寒さより暑さのほうが問題です。
人間と同じ熱い温度のお湯でシャンプーするほうが犬にとってつらいことです。


さてさて、今回も仕上がりはツヤツヤで触り心地の良い健康的な被毛になりました。
ツヤツヤ被毛になったメイちゃん。
mei2.jpg

ドライング終了後のメイちゃんの被毛をみなさんに触っていただきましたが
ツヤツヤフワフワ被毛に驚いてました。
特別なことは何にもしてません。
毛質にあったシャンプー剤を選び、洗い方とすすぎをきちんと正しく行えば
このようにツヤツヤイキイキ被毛になるのです。
特別な技法や道具はまったく必要ないのです。

小さな体で長時間のグルーミングに耐えてくれました。
ありがとう〜メイちゃん!
mei1.jpg



今回もみなさん熱心に聞いていただき、私も話しに熱が入ってやはり時間オーバー
してしまいました。
今回も愛犬連れでの参加がほとんどでしたが、どのワンコも静かに大人しく
勉強会もスムーズに進行できました。

PlayBowの主催者のちはりんさん、スタッフのGUUさんありがとうございました。

東京滞在中、お世話になったパジェロママさんありがとうございました。

参加していただいた飼い主のみなさまありがとうございました。
参加していただいた方のブログで今回の勉強会のことが書かれていますので
ぜひ見てくださいね!

しゃちさんのブログ右 「老犬と仔犬」

アンジーママさんのブログ右 「アンジーの観察日記」

ゴマミソさんのブログ右 「胡麻柴チコタンと猫のミイヤン」

PlayBowのブログもよろしく右 「PlayBow」

飛行機の出発時間まで時間があったので、前回観光できなかった
浅草に行ってきました。下町っていいですね〜
DSCF2972.JPG


ニックネーム のらのら at 17:44| トリミング講習会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする