2005年09月13日

動物愛護とは?

 「子いぬ・子ねこの飼い主探し会」に行ってきた。

行われたところは動物管理センターいわゆる保健所ってところです。

DSCF0875.JPG

地域によっては「動物愛護センター」とか「動物保護センター」とか名称も様々。。。

友人の付き添いで行ってきたのですが、いろいろとショッキングなことが…

場所は人里はなれた奥地…清掃工場の横にある…
こんな奥地に人が集まるのだろうかと心配していたが、たくさんの人がいた。

DSCF0866.JPG

駐車場には車がいっぱい…
こんなにもたくさんの人が子犬、子猫を探して来ている…

この日は、残暑厳しく気温は28℃の快晴
この炎天下の中テントも何もないところでサークルに入れられている
子犬、子猫たち…暑さでグッタリしている

今の時期は犬の出産は少ないので、子犬は2頭だけだった
DSCF0871.JPG


子猫はかなりの数だった…サークルの子猫たちが見えないほど人が群がっていた。
子猫はどの子もとても小さく生後1ヶ月くらい
DSCF0867.JPG


小さな子供がいる家族連れが多い
今どきの若いカップルもいる…ご老人もいる…

子犬や子猫を選んでいる人たちの会話を聞いてショックを受けた

「もっともっと小さい子猫がほしいわ〜」
「犬にしようかしら?ネコにしようかしら?迷っちゃう」
「ママ〜これがいい!このネコがほしい!」
「○○ちゃん、好きなの選んでいいよ」


ここは、デパートのおもちゃ売り場ではない!
無料だからとまるでおもちゃを選んでいるかのような人たち…
命の責任の重たさや大切さをみじんにも感じられない

子犬、子猫には数字の書かれた名札のようなタグが付けられていた。
気に入った子犬、子猫の番号を紙に書いて職員の人に渡す。
1頭に対して飼い主希望者が数人になった場合は、抽選となる。
まるで、無料のオークションのようだ。
なんだか小さな命が物扱いされているようでとても不快だった。

飼育指導は、ほんの10分くらいマイクで説明するだけ。
でも、飼い主希望者は目の前子犬、子猫たちに夢中で聞いている
感じではない様子…

飼い主が決まった子犬、子猫たちは獣医師の健康チェックを受ける
獣医師はテントの中で待機…そしてテントの中で健康診断。
獣医師はVIP扱い???
DSCF0873.JPG

子犬・子猫たちに新しい飼い主が決まったことはとてもうれしい。
でも、このやり方になんだか納得いかない…
炎天下の中番号札のついた子犬、子猫が狭いサークルの中に入れられ
2,30分の短い間で飼い主が決まる
行政が行うからこのようなやり方になってしまうのか?
欧米からみると、虐待の国と思われても仕方がない。

隣の建物では、飼い主に見放された犬猫たちが処分という形で殺されているのに
楽しそうに子猫子犬選びをしている人たち…
なんだかとても不快な気持ちです…

子犬、子猫だけではなく、成犬も何頭かいた
とても怯えていたり、足が変形していたり、あごにコブのようなものがあったり
里親希望にしては何だか犬たちの様子が気になる。
DSCF0869.JPG

実はある所から救出された犬たちだったのです。
地元テレビ番組や地方紙などで取り上げられた
「ニャンコ先生事件」被害にあった犬たちだった

DSCF0872.JPG

ニャンコ先生事件とは…
札幌市を中心に20年以上にわたって詐欺まがいの‘ボランティア活動”
を続けていた人物「ニャンコ先生」
任意団体「北海道犬猫救護センター」として、街頭で募金を呼びかけていた。
その活動の実態は愛護精神とは余りにもかけ離れ、悪質な詐欺行為と動物虐待だった。
夏を前に一般市民の前から姿を消した。


ワゴン車に犬猫を乗せて、街頭で募金活動をしている様子を
何度か見たことがありました。


この事件はテレビ番組でも観ました。
「Hoppo Journal 北方ジャーナル」という地方紙でも特集で載っていた。

このニャンコ先生が保護していると言う犬や猫たちがかなり悲惨な状態でいるのです。
”救護施設””保護施設”とはとても呼べない状態…

ニャンコ先生に家を占拠され、勝手に犬猫を持ち込まれ、人の住むところでは
なくなってしまうという被害にあった方がいた。
いたるところに糞尿が散乱して、その上を30頭超える大型犬が歩き回っていた。
新聞紙に包まれていた猫の死体が何体もあったらしい…
この方は、警察に訴えても動物管理センターに相談しても
まったく相手にしてくれなかったという…
このようにメディアに取り上げられ騒ぎになってようやくセンターや獣医師会
が動いてくれたようです。

ニャンコ先生はHPでこの事件に関して反論していますが、
姿をくらまして潜伏しているようです。
「ニャンコ先生の家」
http://www.osk.3web.ne.jp/~tokusou/nyanko.htm

いつでもどこでも犬や猫たちのように罪のない弱いものが犠牲になる。
行政の働きや動きも鈍い!

郵政民営化もいいけど、日本の動物愛護も改革してほしい!!





ニックネーム のらのら at 00:34| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする