2005年09月16日

トリマーのお仕事について

今回は、トリマーのお仕事についての記事です。

出張トリミングをして考えさせられることがいろいろある…

ショップのトリマーだった時は、トリミングの仕上げ時間に追われて
ベルトコンベアーのように流れ作業で来店するワンちゃんをトリミング
していた…

出張トリミングは、お客様のお宅に行って脱衣所などを借りてトリミングする
飼い主さんが側にいるし、住みなれたおうちでトリミングするのでストレスが
軽減されて
ワンちゃんにとってはいい!
現在、ワンちゃんも長生きなので老犬には出張トリミングはストレスの
負担が少ないのでいいと思う。

それにトリミングが終わると、ケーキやお茶が用意されていたりして
飼い主さんといろいろとお話ができる。
トリミングの質問にも答えられるし、いろいろな飼育アドバイスもできる利点がある



昨日、トリミングしたトイプードルの「チェロくん」
チェロくんをトリミングするのはこれで3回目
毎月トリミングの依頼があります。

DSCF0611.JPG

私がトリミングする前は近くのショップでずっとトリミングをしていました。
動物病院の待合室で同じ白のプードルを飼っているということで
話がはずんでトリミングの依頼を受けました。

チェロくんのトリミング後、飼い主さんとのお話の内容ですが…

以前のショップではトリマーさんにこんな風なカットをしてほしいと
注文をしていたけどまったくその通りにカットしてくれなかった。
いつもいつもとても変なカットをされていたらしい。
お金払ってトリミングしてるのになんでこんなおかしなカットを
されるのだろうと納得いかなかったらしい…

飼い主さんは、チェロくんには罪がないのはわかっているけど
「なんでこんな可愛くないの!」
「変なカット!」

とかつい言っていまいため息をついていた。
すると、チェロくんは自分は嫌われていると思い、飼い主さんになつかず
側によることもなかった。


ところが、私のトリミングがとても気に入ってくれて、
チェロくんにいつも
「チェロくん、可愛いね〜」
「すごくきれいだね〜」

と目が合うたびに言っていると、
チェロくんは飼い主さんの側に寄り添って甘えるようになった。
飼い主さんもそんなチェロくんがいとおしくなったと…

この話しを聞いて驚いた!
トリマーのトリミングによって飼い主さんとワンコの関係が
崩れてしまうこともあるなんて
!!

獣医さんのように命に関わる重大な仕事ではないトリマー
でも、この話しを聞いてとても責任重大な仕事だとあらためて思った。

これもプードルの飼い主さんから聞いた話だが…

トリミングの予約を入れると
今日はプードルのトリミングができるトリマーさんがいません。明日ならいますが」

「プードルは顔にバリカンを入れるのが基本ですからテディベアカットはしません。」

…とか…これってホントにプロのトリマー???


トリマー選びも飼い主さんにとっては大変???

トリマーさんと飼い主とのトラブルでは希望のカットと違うということが多い。
「こんなはずでは…」と飼い主さんがショックを受けたり、怒ったり…

トリマーさんが”かわいい”と思う感覚と飼い主さんが
”かわいい”という感覚が同じとは言えない。

だから、私はとてもしつこく細かくどのようにしてほしいか聞く。
雑誌の切り抜きやペット・カット・スタイル集―写真で見るカットの手順とポイント
の本などを見せてカットを確認したりする。

先日、トリミングしたフランツ君も以前は鼻の周りの毛を短く
カットされていたらしく、私がカットした後飼い主さんは
「鼻の周りに毛があるなんて…いつも短いから鼻の上の毛はないと思っていた」
…と、驚いていた。
初めて鼻の周りが丸くカットされたのを見たらしい…
トリミング1週間経ったフランツくんです。
DSCF0766.JPG


トリマーさんによってカットも様々なんですよ。


シャンタくんは以前のトリマーさんがテディベアカットをしていましたが、
私はプードルの基本ペットカットが似合うと思い、現在はこのようなスポーティーカットに…
DSCF0392.JPG


毛質やスタイルによって似合うカットかどうかアドバイスするのも
トリマーさんお仕事ですね。


小次郎君はアレルギー性の皮膚炎なので、薬用シャンプーが皮膚に
浸透しやすいようにバリカンで短くカットしています。
もし飼い主さんが長く伸ばしたいと言っても、短くカットしなければ
治りは遅いことを説明して納得してもらわなければならない時もあります。
DSCF0629.JPG


このように、同じプードルでもカットはいろいろ…
トリマーさんによってカットもいろいろ…


あっ!マーシャを忘れちゃいけない!
私はマーシャの専属トリマー
DSCF0865.JPG


飼い主さんが喜び満足できて、ワンちゃんも快適に過ごせるカットを目指して
日夜努力して柔軟なトリミングを心がけてます。


グルーミングトリミングの違いはわかりますか?

グルーミングは手入れ全般のこと。
ブラッシングやシャンプーやカットすることを全部含めて
グルーミングと言います。
目的は、日常の健康管理とその犬の持つ美しさを発揮させることです

トリミングは日本語に訳すと「形付ける」とか「刈り込む」とかの意味。
つまり、毛をカットして形を作ることになります。

日本では「トリマー」って言いますけど、海外では「グルーマー」と呼ぶのです。

手入れ全般をするのだから、本当は”グルーマー”と呼ぶのが正しいと思うのですが…

私は、形ばかり気にする技術先行型のトリマーでではなく
海外のように日常の手入れ全般の健康管理を重視するグルーマーの意識を持ち
名刺にも”グルーマー”と書いてます。


グルーマーとして困るのが、飼い主さんの要望が「おまかせ」であること…
「全部おまかせするわ」と言われても…
短くか、長くか、そろえる程度なのかくらいは言ってくれない困る。

「おまかせ」と言われてカットすると、「え〜短すぎ!」とかモンクを言われたりする。
それなら、はじめから言って!!!


カットの要望があるなら参考になる本や切り抜きなんかを持ってきてくれると
とても助かる。
カット内容の書いたメモ紙でもありがたい。


みなさんのトリマーさんはどうですか?
今までトラブルはありましたか?



























ニックネーム のらのら at 01:31| トリマーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする