2007年07月09日

治療中…

先月15歳になった我が家の老犬マーシャですが、またまた病院のお世話
になりました。

この歳になると老化に伴う病気の発症は覚悟しているわけで…
次から次へと病気が発症いたしまして…
今年は何度病院のお世話になったことか。。。

マーシャの主治医から
「開院当初からのプラチナ患者だね」と言われ、まるで特別会員のような
VIP待遇を受けております。。。
本当はVIP待遇になるくらい病院のお世話になりたいくないんですけど…


今回病院のお世話になった原因は、目です。

3日くらい前から涙の量が増えて目の周りが常に濡れていました。
DSCF4443.JPG

黄色の粘っこい目ヤニも出てきて、白目が赤くなっているぅ〜〜あせあせ(飛び散る汗)

昨年も目の病気になり治るまで大変だったと思い出した!
その様子はこちら右 「一難去ってまた一難…」

そうだよ〜〜昨年は目の治療で大変な目にあったんだよ!
エリザベスカラーのストレスでいきなり体重が減ったし…
それでなくても体重が減って今1.7sしかないんだから、これ以上体重が
減ったらマーシャの体力が心配だよ〜〜

早期治療が何よりなのですぐに病院へ!!!

DSCF4434.JPG

まったりしている場合ではないのだぁ〜〜病院へGO!!!



目に傷がないかまず診察です。
目に何やら液体を入れて光を当てて角膜検査をしました。
とりあえず、目に傷はなし。

検査している時に主治医が
「虹彩が切れて穴があいているね」って…

え〜〜〜っっっ!それってどういうこと〜???

なんでも、以前目に何らかの炎症が起きたのが原因で虹彩に
支障があったのではないかとのことで、昨年のあの目の病気が
原因かもしれないと…

すごく心配なんですけど!どうすればいいのでしょう?

「今のところ心配はないよ。これが原因で失明とかはないから」
と主治医は言ったけど本当に大丈夫かな?

目が少し白くなってきている…
歳が歳なだけに老化現象としての白内障を疑ったけど、
水晶体の老化よる「水晶体核硬化症」らしく、視覚を失うことは
今のところないようです。

マーシャの視覚ははっきりしているみたいで、カーペットに落ちている
私でも見逃す小さな糸くずを見つけているのをよく見かけますから。

診察の結果「結膜炎」だったのでひとまず安心。
点眼薬で2,3日で治るとのことです。

あ〜〜〜よかったぁ〜〜ダッシュ(走り出すさま)

高齢化すると抵抗力や免疫力も低下するので、結膜炎などにも
かかりやすくなるのですね。

DSCF4451.JPG

私もマーシャを何度も病院に連れて行くのはイヤだよ!
でもね、早期治療はとても大切だし、たくさんの持病を抱えて
いるから今後とも病院とのお付き合いは続くんだよ。

15歳という高齢でたくさんの持病を抱えているマーシャだけど
訪問トリミングで会う高齢犬は病気も重度で深刻で病院通いが
大変だとよく聞くから、我が家はまだまだ元気なほうだよ!


結膜炎の治療中だけど、まだまだ元気な15歳のマーシャです。
DSCF4459.JPG



  l-h6-g.gif


訪問トリミングに行ってきました。


いさなさんのMIX犬ソラちゃん。
1年ぶりに夏向きトリミングをしてきました。
DSCF4236.JPG

その様子はこちら右 img60004.gif



マーシャと同じ高齢犬で心臓病を患っているマルチーズのウメちゃん。
体力に負担をかけないようスピーディなトリミングをしてきました。
DSCF4243.JPG

その様子はこちら右 img60004.gif



Paw'er第3回レクチャーを開催しました。
今回は愛犬同伴でのレクチャーです。

レクチャーの様子はこちら右 bannapawer.bmp




ニックネーム のらのら at 02:53| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする