2007年08月04日

老化現象?

8月ですね。。。
我が家は今だ扇風機の活躍は一度もなく、クローゼットの中で待機中…
夏という感じがしない我が家です。

暑さに強いマーシャは真夏でも涼しげな顔で過ごしています。
全身モコモコ被毛なのに暑がっている様子はまったく見られない。。。
冬でも夏でもいつでもまったり状態のマーシャです。
DSCF4597.JPG


最近、寝ている姿を見て気になっていることがある。
伏せの格好で寝ている姿が奇妙に見える。
それは、両前足が思いっきり左右に開いている姿…
DSCF4598.JPG

この姿って犬の骨格上どうなんだろう???
ツライ姿勢ではないのだろうか???
DSCF4607.JPG


マーシャがまだ若いときはまったく見られなかったこの格好…
上から見ると左右に思いっきり開いている前足がよくわかる。。。
DSCF4608.JPG

犬の骨格のことを考えると、この姿はあまり考えられない…
とてもつらそうに見えてしまうが、当のマーシャはこの方が楽のようだ。

これは老化現象によるものだろうか???

主治医に聞いてみた。
マーシャは「変形性脊椎症」で背骨が年々弓のように曲がってきている。
これは、老化による疾患なので仕方ないことなのだけど、背骨が曲がって
いるため伏せの格好をする時は、前足が左右に開いているほうが楽だと
いうことらしい。
マーシャが若い頃は、この病気は発症してないから当然このような格好を
して寝ることもなかったということのようだ。
DSCF4600.JPG

元気そうに見えるけど、老いは確実に進んでいるんだね。。。
人の1年は、マーシャにとって4年になるから老化も私が考えている
より早いんだよね。

日々マーシャの老化する体にちょっと寂しさを感じるけど、
無理しないでいつものまったり生活を続けることが一番だよね〜
DSCF4595.JPG

これからの老化現象にも冷静に対応できるようにならなければ!




ニックネーム のらのら at 01:16| 愛犬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする