2007年01月28日

冬の乾燥にご注意

日本の冬は湿度がかなり低く乾燥していますよね〜
洗濯物が室内でもあっという間に乾いてしまうので助かりますし、湿度の
高い夏と比べると、ワンコにとっても冬は過ごしやすいかもしれませんね。
しかし、この乾燥は皮膚や被毛にダメージを与えてしまうことになるのです。

なぜ乾燥するとダメージを受けることになるのか?

皮膚が乾燥することにより、皮膚表面の角質が損傷しやすい状態となり
フケが多くなったり、刺激を受けやすく痒くなったりします。
乾燥により被毛内部の水分が奪われていき、表面のキューティクルが
カラカラになって剥がれダメージが表面化し、パサつきもつれが発生
しやすくなります。


皮膚と被毛の乾燥の鍵は…ちょっと専門的な話しになりますが、、、
人の髪や犬猫の被毛内部や皮膚の角質層に存在している
NMF(Natural Moisturizing Factor=天然保湿因子)
が重要な役割をしています。
被毛や皮膚にに水分を溜め込む役目を果たしています。

皮膚や被毛が正常で健康な状態時は、被毛も皮膚もキュッと締まっていて
NMFを逃がさないようにしているので、空気が乾燥することである程度の
水分は奪われますが、必要最低限度の水分を維持してくれます。
つまり、日頃きちんとしたお手入れをして常に健康な状態の皮膚や被毛
が保たれていれば冬の乾燥時期でもパサつきやフケなどのトラブルが
起こりにくいことになるのです。

この冬の乾燥する時期の鍵は、NMFです!
NMFを常に被毛や皮膚内部にしっかりと貯えて、水分保持能力を高めて
おくことが乾燥対策の大切な鍵なのです。

冬の乾燥対策は…?続きはここ

ニックネーム のらのら at 19:48| トリミング・お手入れ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

冬のお手入れ

クリスマスが終わり、お正月まで秒読み開始ですね。。。

トリミングの仕事もひと段落つきましたダッシュ(走り出すさま)

今日は猛吹雪なので外には一歩も出ず部屋にこもり、年賀状の作成をしてました。
来年は戌年ですものね〜
マーシャを前面に押し出した年賀状を作りましたよ!
でも、パソコンオンチの私…年賀状ごときに一日中かかった…あせあせ(飛び散る汗)
今年買ったばかりのプリンター複合機はさっすが〜きれいに印刷しますね〜ぴかぴか(新しい)

みなさんの年賀状はいかがですか?


ここから本題に入ります
ニックネーム のらのら at 18:51| トリミング・お手入れ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

子犬と老犬のトリミング

トリマーとしてとても気を使うのは、子犬と老犬のトリミング。


子犬は小さいし被毛も短いし、トリミング時間はあまりかからないから
楽なのでは?と、思ってもらっては困る!!
トリミング料金は倍くらいいただきたい!といつも思っていたりする。

特に子犬で生まれてはじめてのトリミングの場合は、かなり気を使う。
トリマーのトリミングによって、その子犬がトリミングは怖くて恐ろし
くて嫌なことだと思ってしまっては大変なことになってしまう。
トリマーがトリミング嫌いのワンコをつくってしまう可能性があるのだ。

例えば、初めてのシャンプーでシャワーの音に驚きパニックになる子犬
が多くそのまま無理して続行するとシャンプーが恐怖になり嫌いになっ
てしまう。
なので、洗面器にお湯をためて腰部分から洗面器にゆっくりとつけなが
らかけ洗いをして体がお湯に濡れることに慣れさせながらシャンプーし
ていく。

以前、働いていた動物病院でこんなことがあった。
ワクチン接種も完全に終わり、初めてのトリミングにきたシーズーの
子犬。
恐怖のあまりトリミングテーブルの上で震えながら這いつくばっていた。
やさしく声をかけながら、怖がらせないようにと気を配りながら爪きり、
シャンプーなどトリミングをした。
トリミング終わった直後は問題がなかったけど、家に帰ってから異変
が起きたのだ。
ごはんを食べず、ゲージに入ったまま出てこない。。。
そして下痢をしたというのだ。
病院で検査をしたがどこにも異常はみられず、ストレス性のものだと
いうことがわかった。

初めてのトリミングで飼い主さんから離れ、知らない人トリマーさん
に体をあちこちと触られて緊張と恐怖で極度のストレスを受けてしまっ
たらしい。。。
どんなに気をつかっても予想のしなかったこんなことも起きるのですね。
う〜〜ん、トリマーが与えるトリミング影響の重要性があらためて
わかったので良い経験をしたと思っている。

それ以来、初めてのトリミングの場合はいっぺんにトリミングせず、
今回は爪きりと足裏の毛のカット次回は、耳の手入れと肛門周りの
手入れなどというように少しづつトリミングに慣れさせることを心
がけている。
1回ですべてトリミングする場合は、必ず飼い主さんが側について
声をかけてもらうようにしています。

トリミング嫌いのワンコを増やさないためにも、子犬のトリミングは
「痛み」 「振動」 「音」 「束縛」
など記憶に残る苦痛ををなるべく与えないように注意してトリミング
することを心がけてます。


続きはこちら
ニックネーム のらのら at 18:48| トリミング・お手入れ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

最後のトリミング…の続き

前回の続き…コジままさんのトリミング講習です。

爪切り、耳の毛抜きの次はバリカンをかけます。

小次郎くんは足先と背中の部分をバリカンで短くします。

バリカンの刃には長さによって1mm、2mm、3mm、5mmなどあります。
DSCF0999.JPG
右は1mm、左は3mmの刃です。

プードルの足先の場合は1mmの刃を使います。

毛並みに沿ってバリカンを刃を入れることを並み剃りと言い
毛並みに逆らってバリカンの刃を入れることを逆剃りと言います。

逆剃りはかなり短く毛が切れ、皮膚も傷つけやすいので気をつけましょう。

続きはここをクリック
ニックネーム のらのら at 18:48| トリミング・お手入れ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

最後のトリミング…

このブログにも記事にたびたび出てきたプードルの小次郎くんと武蔵ちゃん

飼い主のコジままさんとは私とマーシャがこの地域に引っ越してきた時
友人を通して知り合ったんです。

それ以来、私はこの2頭の専属トリマーなり、毎月定期的にトリミングしてたんですよ。
kojimusa.JPG

しかし…コジままさん「愛知」に引っ越すことになりまして、
小次郎くんと武蔵ちゃんとお別れすることになったのですもうやだ〜(悲しい顔)

愛知ですよ〜〜、北海道から海を越えて…あ〜遠い…もう会えないかもしれない。

とても淋しい…

小次郎くんと武蔵ちゃんには特別な思いいれもあるし…

でも、仕方ないです…


コジままさんにはちょっと心配事があります。

それは小次郎くんと武蔵ちゃんのトリミング…
私以外のトリマーさんにトリミングしてもらうのが不安。
特に、小次郎くんはアレルギー性皮膚炎なので下手なトリミングをされて
症状がひどくなっては困ると
飼い主のコジままさんは自分でトリミングすることを決心!

もちろん私の出番!コジままさんにトリミング講習をしました


そして、今回は最後のトリミングになります…もうやだ〜(悲しい顔)




トリミング講習の続きはここ
ニックネーム のらのら at 22:45| トリミング・お手入れ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

ブラッシング講座

みなさん、愛犬にブラッシングを毎日していますか?

ブラッシングは日常の健康管理のひとつとして大切なことです。
長毛種はもちろんですが、短毛種でもブラッシングは必要です。

今回は、この「ブラッシング」について説明したいと思います。

ブラッシングの目的は…

@毛のもつれをほぐし、毛や皮膚についたゴミや死毛を取り除く
A発毛を促し、より良い被毛をつくる
B皮膚に刺激を与え、血行を良くし、新陳代謝を促進する


最後のBがとても重要!ポイントです!
母犬は子犬を舐めまわしますよね?これってBの意味があるんです。
舐めることによって、刺激になり、血行が良くなり、新陳代謝が活発
になると子犬がきちんとした発育ができるのです。

この理由が大事なので毛玉のできない短毛種でもブラッシングは
必要なのです。

ブラッシングを毎日行うことで、被毛と皮膚の状態がわかり、皮膚病
や傷などの早期発見にもなります。

愛犬の健康維持のために毎日ブラッシングすることが大切なのです。


本格的なブラッシングの話はここ
ニックネーム のらのら at 23:07| トリミング・お手入れ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

涙やけのお手入れ

今日は、いつもコメントくださっているララままさんからのご質問

ズバリ「涙やけ」についての記事です。

白い被毛のワンちゃんで多いのが涙やけですね
プードル、マルチーズ、シーズー、ポメ、キャバリアなどに多いですよね?!

「涙やけ」とは、涙が何らかの原因で眼から常にあふれ出ているため、
眼の周りが赤茶色に焼けて変色してしまうことです。
白い毛色の犬種ほど目立ちやすく、鼻が短く眼が若干飛び出ている犬種
にも多く見られるようです

マーシャは子犬の頃は涙やけがまったくなく、とてもきれいなお目目をしていました。
↓生後4ヶ月のマーシャ…眼の周りは真っ白できれい!

IMG.JPG
この頃は、大して眼の周りの手入れもしていませんでした。

涙やけについての続きはこちら
ニックネーム のらのら at 15:30| トリミング・お手入れ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

プチシャンプー講座Part2

前回に引き続き今日もキョウマくんのシャンプー講座です。

犬の被毛は人間に比べ水をはじきやすく濡れにくいので、シャワー
のヘッドを皮膚に密着させてよ〜く毛の根元まで濡らしましょう!

薄めたシャンプー剤を全身に直接かけてかけてよく泡立てます。
この時、親指と親指の根元のふっくらとしているところを使って
皮膚をマッサージするように泡立てます。
そして、毛の根元から毛先に向かって毛を揉むように泡立て、決して
毛をゴシゴシこすったり爪をたてたりしないように注意しましょう!
2005_0715ポメ画像0033.JPG

泡立てる時のポイントはきめ細かいクリーミーな泡を作ることです。
シャンプー時は、毛同士がこすれて毛の表面のキューティクルが損傷
をうけ、傷みの原因になってしまう確率が高いのです。
毛同士の摩擦を防ぐためにもクッションの役目をする泡をしっかりと
つくることが大切なんです。
2005_0715ポメ画像0034.JPG

顔を洗う場合は、シャンプー剤が目に入らないように注意してください。
もし万が一、目に入ってしまったらすぐ水で洗い流してくださいね。
2005_0715ポメ画像0035.JPG

全身よ〜く泡立てたらすすぎです。
すすぎも毛同士をこすらないように手のひらにお湯をため毛先に
向かって軽く叩くようにして泡を取ります。
2005_0715ポメ画像0036.JPG

シャンプー剤が残らないようにしつこいくらいにすすいでください。
シャンプーする時間よりもすすぐ時間を多くするくらいの感覚で
完全にすすぐようにしてください。
脇や内股、耳の裏などはすすぎ残しが多い部分なのでしっかり
すすいでください。


長くなるので続きはここをクリック
ニックネーム のらのら at 13:50| トリミング・お手入れ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

プチシャンプー講座

友人が我が家にやってきた。
3頭もポメラニアンを連れてやってきた。


彼女の愛するポメはオレンジポメのまりなちゃんだけど、黒ポメのポポ
(以前紹介した)が家族となり、さらに実家からキョウマくんが一時預
かりで今彼女の家にいる。
現在、計3頭ポメラニアンと暮らしている。
2005_0715ポメ画像0020.JPG
左からまりな、キョウマ、ポポ

さて、我が家に来た理由は、キョウマ君の毛質改善計画を実行するため
である。

キョウマ君は彼女のお母様(実家)の愛犬で普段は離れて暮らしている。
久々にお母様とキョウマ君が遊びにやってきたが、キョウマ君の姿を
みて驚いたという。
ライオンのたてがみのようなフワフワした毛が特徴のポメラニアンの
キョウマ君は、所々ハゲハゲ状態で見るも無残な状態だった。
2005_0715ポメ画像0024.JPG

動物看護師の彼女は、キョウマ君のハゲになった被毛をなんとか元に
戻したいと治療のためしばらく預かることにしたという。
この悲惨な被毛の状態をなんとかならないものかと相談にやってきたのだ。

キョウマ君のハゲハゲ被毛を見て絶句…。。。
どうしてこんなハゲハゲになってしまったの?
毛質もバリバリと硬くてポメラニアンの被毛じゃないみたい。。。

キョウマ君はもともと毛量がかなりあるポメで、お母様が手入れしや
すいようにといつもバリカンで短く刈ってたというのです。
もともと皮膚が弱いキョウマ君は、短くカットされる度に毛がボロボロ
ガサガサになったというのです。

う〜ん…実は聞いたことあるのだが、ポメラニアンなどの北欧系の2重毛
を持つ犬種は、遺伝疾患として被毛がはげて生えてこなくなることがあ
ると…
もしかしたら、キョウマ君も遺伝的にあるのかもしれない…
なので、私は短くカットといってもバリカンを使わず、ハサミでなるべく
被毛を残すカットをしています。

短い毛と長い毛が散乱して生えてます。
背中の毛はハゲ状態だったが、不思議なことに一部分はポメの柔らかい
被毛が生え始めている

2005_0715ポメ画像0026.JPG

キョウマ君が元のフワフワ被毛にもどれるのか…

続きはここをクリック
ニックネーム のらのら at 17:21| トリミング・お手入れ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

しばらくぶりのトリミング♪

昨日、しばらくぶりにマーシャのトリミングしましたぴかぴか(新しい)

今まで2週間おきにトリミングしていたのでいつもきれいだったけど
歯周炎になり抜歯の手術でず〜っとトリミングできなくて1ヶ月…
トリマーの犬なのに汚くしてるって思われてないかな…なんて人の目を
気にしたりしてましたあせあせ(飛び散る汗)


被毛が伸びてモコモコ状態のマーシャです
2005_0522画像0001.JPG

うちのアパートは脱衣所がけっこう広いので、トリミングテーブルを
置いてトリミングしてます。
顔と手足の先にバリカンをかけ、爪を切って、念入りにブラッシング
シャンプー前にはブラッシングして小さなもつれも完全に取り除きましょう

いよいよベイシング!(シャンプーで洗うことです)
お湯の温度はかなりぬるめ30〜35℃位熱いと心臓に負担がかかるので
特に老犬は熱めのお湯は危険
どんっ(衝撃)
薄めたシャンプーを全体にかけて、親指で毛をもむようにして泡立て
すすぎは完全に…しつこいくらい時間をかけてシャンプー液をすすぐ
そして、スペシャルコースでトリートメントもしました
最後にリンスでベイシング終了…リンスも完全すすぎです
シャンプーとすすぎで被毛が決まるくらいとっても大切
 
2005_0522画像0004.JPG

ドライヤーでブラシを使いながら毛を伸ばして乾かします
全身温風で乾かした後は冷風をかけ毛の中にこもっている熱を冷やさないと
今の時期は熱中症になってしまうから注意しなくっちゃ!

2005_0522画像0005.JPG

マーシャは毛が薄くて、特に背中が皮膚が見えるくらい毛が薄い…
なので、夏だけどカットはふわふわ長め
マーシャ、すっきり気持ちよくなったでしょう
ぴかぴか(新しい)
ウルウルマーシャ.jpg



ニックネーム のらのら at 00:25| トリミング・お手入れ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする