2008年03月10日

移り変わるペット保険

「ペットフード法案」が閣議決定され、来年春からの執行される予定と
なっていますが、、、
「ペット保険」も法改正により法的規制が加わり変わるって知ってます?

ペット保険については以前記事にもしましたが右「ペットの保険」
現在のペット保険の多くは共済制度に分類されているようで、根拠法
のない無認可共済と呼ばれるものがほとんどだそうで…
保険業の免許を受けた保険会社ではないことから、契約者の保護の
ための規制や制度が存在していないらしい。。。

法的規制のないペット保険もペットフードと同じく、様々なトラブルが
多発して問題が深刻にしてきたことにより、加入者を保護するため
規制が入ることになったよう。

だから、、、トラブルが多発してから法的規制は遅いんだってば!
トラブルが起きないように法的規制を設けるべきなんだってば!

金融庁は、今年3月までに無認可共済すべて保険業に移行させ、
法律の下で監督することを決定したとのことです。

3月って…今月ではないかっ!
では、無認可共済のペット保険の今後はどう変わるのか???

無認可共済を運営するペット保険団体は今月末の期限までに、、、
@保険会社
A小額短期保険業
B廃業あるいは合併

のどれかを選ばなければならないらしい。

どの団体も保険会社を選びたいと思うが、保険会社として運営するには
条件がかなり厳しいため、小額短期保険業として生まれ変わる可能性が
高いらしいとのこと。
すでに、廃業してしまった業社もあるらしい。。。

そんな法改正が執行されている中、日本で初めて金融庁が認可した
ペット保険がこちら右 「アリアンツ・ペット保険」

ペット保険の今後についての詳しいことはこちらを参照下
「ペット保険の今後の不安」
「ペット保険の加入先はこれからどうなる?」

ペットも人間社会と同じく高齢化が進んでます。
フードや医療の発展で長生きする犬が増えている。
長生きすると、当然人間と同じく病気の発生も多くなる。
犬の死因の1位は人間の死因と同じくガンなのだ。

健康保険があり、医療制度が整っている人間社会とは違って、
ペットの医療費は高額。
「なってからでは慌てても遅い」ということで、しっかりとした予防と
若い頃からの保険加入がペットでも当たり前の時代になってきた
のかもしれない。。。


我が家の保険対策は…続きはここ

ニックネーム のらのら at 18:58| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

今度こそ幸せに!

先月1ヶ月間、我が家でダックスを預かっていました。
DSCF4889.JPG

預かっていたというより里親が見つかるまでの間、我が家が仮宿に
なっていたのです。

そのダックスというのは、以前記事にしたことがあるのですが…
こちらの記事をぜひ右 「命の責任」

今度は、親ダックスも手放した。。。

離婚して独りになってさみしいからと親ダックスだけを残し一緒に
暮らしていたが、もう面倒見ることができないからと言って手放した。

勝手だ!勝手な理由だ!

今回も自分で里親探しをすることもなく、何とかしてくれと言ってきた。
私にお願いすれば、あの子ダックスのように里親を見つけてくれると
思っているらしい。

最低だ!最低な奴だ!


この親ダックスとは、子犬の頃からのお付き合い。
ずっと私がトリミングしてきた。
専門学校の教師をしている頃に、学校のトリミング授業やしつけの授業
によく連れていった。
学生達にとても可愛がってもらっていた。

他の犬にも人にも子供にも人見知りせずフレンドリーな性格。
とても人懐っこいので誰からでも好かれる。
それに、ダックスなのに吠えることがほとんどないのだ。

こんないい子なのに…手放すなんて…

こんな最低な飼い主のことをグチグチ言っていてもしょーがない!
犬には罪はない。


とりあえず、我が家で引き取り預かることに。

でも…我が家には、犬嫌いな老犬がいるのよね〜
心臓病やてんかん持ちだからあまり興奮させたくないのよね〜
社会化がうまくいかなかった犬ってこういうとき困るんだよね〜

反省。。。

とにかく、マーシャの視界になるべく入らない位置にゲージを設置。
我が家にいる時は、ゲージ暮らしをしてもらうことに。
部屋の中を自由に歩き回ることはしばらくできなくなるけど許してね。
DSCF5195.JPG

新たな旅立ちに向けて、食器やリードや毛布などすべて新しく購入しました。



里親は見つかったのか?…続きはこちら
ニックネーム のらのら at 20:27| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

ペットブームの陰で…

NHK「クローズアップ現代」を観ましたか?

無理な交配によって重い障害を持って生まれた犬たち…
その障害犬を作出している繁殖業者…
障害犬を受け入れ世話をしている人…

ペットブームの陰で問題になっている悲惨な状況がしっかりと
映し出されていました。

ペットショップのゲージに入れられ販売されている子犬を見に
来ている人たちのインタビューでは…

「みんながあまり飼わない犬のほうが好き」
「すごく珍しい色で可愛かったから飼った」


ペットブームの陰で悲惨な状況を生み出している原因は
一般の飼い主である。
珍しい毛色だから、変わっている模様だからとまるで服や
アクセサリーを買うように見た目だけで犬を選び飼う人たち…。

観ていて、インタビューを聞いてウンザリした。。。

金儲けの悪徳ブリーダーだけが悪いのだろうか?
珍しい毛色や模様を欲しがり、高額でも買ってしまう人たちがいるから
繁殖業者が高値で売れる珍しい毛色の犬を繁殖する。
悪質な繁殖業者を許せないと怒ってても、珍しい毛色に飛びつく…。

悪循環が続く…いつまでたっても何も解決しない。


ペットブームの陰で起きていることは…続きはここ
ニックネーム のらのら at 01:21| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

『命』の責任

すごく重いタイトル。。。

記事にしようか迷っていたこと…

悩んだ末、記事にすることにしました。


トリマーという仕事柄よく相談されることがある。

「子犬を産ませたいんだけど」
「この子のお婿さん紹介して」


…何人もの人に相談され、頼られた。


知り合いが飼っているダックスの女の子。
近所なので子犬時代から定期的にトリミングしていた。
DSCF1397.JPG

そのダックスが2歳になり、知り合いから相談された。
「子供を産ませたいので雄犬を紹介して欲しい」…と…。


私は、安易に繁殖を勧めない。
素人繁殖は反対だ。


ペット業界で働いてきて、安易な繁殖の恐ろしさや危険さを体験してきた。
繁殖をするのなら相当な勉強をして知識をつけなければいけない。


相談されたが、私は素人繁殖の危険性と恐ろしさを説明し、子供を産ます
ことには反対だと言った。
私が子供を産ますことに反対したので驚いていた。
オス犬を紹介して、交配や出産を手伝ってくれるものだと思っていたらしい。



命の重みとは?…続きはここ
ニックネーム のらのら at 19:21| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

犬と飛行機

現在たくさんの愛犬雑誌が出版されているが、私がよく購入するのは
「愛犬の友」である。

先日購入した「愛犬の友 3月号」に気になる記事があった。
0603s.jpg
愛犬の友 公式ホームページ
http://www.seibundo.net/aitomo/

「愛犬と飛行機を利用するときの心得」の記事。
犬は家族の一員、愛犬も連れて一緒に旅行したいという飼い主さんの希望も多い。
犬と一緒に飛行機に乗って旅行したいという飼い主のための情報を紹介していた。



その記事内容とは…?
ニックネーム のらのら at 14:36| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

犬種別年間ランキング

2005年度の犬種別登録数が発表されました
これはジャパン・ケンネルクラブ(JKC)の会報誌にて発表された頭数です。
2005年(1〜12月) JKC犬籍登録数は148犬種、554,141頭で
前年度(2004年)と比べると、7,572頭の減少だそうです。

2005年JKC犬種別年間ランキング ベスト10

1位 ダックスフンド
2位 チワワ
3位 プードル
4位 ヨークシャ・テリア
5位 パピヨン
6位 シーズー
7位 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
8位 ポメラニアン
9位 ミニチュア・シュナウザー
10位 マルチーズ


1位のダックスは、1997年から8年連続の登録数No.1ですが、前年度よりも
登録数が減少しています。
2位のチワワも2001年から5年連続登録数No.2です。
上位10犬種のうち、前年度と比べ登録数の伸びがあるのがプードル
ご存知、テディベアカットで爆発的な人気が出てプードルの登録数が
増加したのですよね。
このベスト10の犬種に中には、大型犬が1頭もいない…
日本では小型犬種それも愛玩犬の数が圧倒的に占めているんですね。


dachsh.jpg chihua.jpg   poodle1.jpg


他の国はどうだろう?他の国の犬種別ランキングを見てみる
ニックネーム のらのら at 20:14| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

人と犬との絆

今回こそ英国滞在記の続きをと思っていたのですが…

昨日、たまたま見た報道番組でやっていた犬のことについて
書かせていただきます。

場所は北海道札幌市…雪の中を家族とお散歩しているワンちゃん
体が真っ白な垂れ耳の中型犬でした。

しかし、この真っ白なワンちゃんは、ラブラドールだったのです。
えっ!白いラブラドールなんているの?と驚いていたら…
実は黒いラブラドールだったのです!

黒のラブラドールの「ソニアちゃん」、家族の中で大切に育てられ、特にご主人さんが
ソニアちゃんをとても可愛がり、ソニアちゃんもご主人さんに一番なついていたそうです。

しかし、ご主人さんが肝臓がんになり他界してしまいました。
ご主人さんの死がわからず、待ち続けるソニアちゃん。

そんなソニアちゃんの体に異変が起きた。
黒い被毛が日に日に白い毛に変わっていく。
始めは顔の毛が白く、日に追うごとに体も白くなり、ついに真っ白な毛に…

ソニアちゃんの主治医の獣医さんは、
主人の死がショックでストレスを受けてしまい毛が白くなったのではないかと
言っていた。

科学的には理由がわからないそうです。

テレビ番組の「ペット大集合!ポチたま」にも取り上げられていたそうです。


感動的な話の続きはここ
ニックネーム のらのら at 19:30| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

昨日は犬の日…そして、今日は…

昨日の豪雪にはまいりました〜あせあせ(飛び散る汗)

朝起きるとウンザリするほどの雪が降り積もっていた。

連日、ニュースで長野や新潟の豪雪のため除雪が追いつかず孤立している集落のことを
やっていますが、北海道でもかなりの豪雪のため死傷者がでたらしい…

私の住んでいる地域はそれほどの積雪も多くなく、昨年よりは雪かきの回数も少ない。

しかし、昨日の積雪はすごかった…

DSCF1302.JPG

雪かきに2時間かかったたらーっ(汗) 腰痛が……

出張トリミングの仕事が入ってなくてよかったよ〜




今日は何の日…?続きはここ
ニックネーム のらのら at 10:06| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

犬の能力

犬の能力にはすごいなと驚かされることがある。

先日、 「癌探知犬」 のことをテレビで放映していた。

アメリカでの出来事
飼い犬が突然、飼い主の太ももの一部分を気にして舐めたりしていた。
その部分を見てみると皮膚が小さく隆起し、数週間経つと大きなアザになっている。
皮膚科で調べると、癌性の黒色腫瘍であることが判明した。
手術前にはペットの犬がしつこく患部につきまとっていたにもかかわらず、
手術によって腫瘍が除去されるとまったく何の感心も示さなくなったということです。

また、尿から癌患者を嗅ぎ分ける犬もいました。
今では癌の尿を100パーセントの確立で嗅ぎ当てることができるとか…

癌には共通する特殊な臭いがあるらしく、アメリカでは癌探知犬の訓練が行われていました。


実は、日本にもその癌探知犬がいるというのです。
日本の癌探知犬は黒のラブラドール犬でした。
ガン患者の息を医療用採取パックから注射器で採取し、犬にかがせた後、
トレーナーの指示で一つ一つ順番に、においをかいでいきます。ガン患者の
息がはいった箱のにおいをかぎわけて、箱の前に座ります。
その犬はほぼ100%の的中率でガン患者の呼気をかぎ分けるそうです。


詳細は、OJPC福祉犬育成協会
http://www.ojpc.net/web-content/ojpc%20dog/ojpc%20top.html


犬の能力の続きはここをクリック
ニックネーム のらのら at 14:54| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

ペットの死…その時あなたは…

以前見つけた新聞記事「獣医さんのこぼれ話」ペットロスのことが載っていました。

院長、大変です。受付に変な人が来ています」と、突然職員に呼ばれました。
そこには2個のカゴがあり、なんと、その中には猫の死体がきれいに並べられていました。
ひとつのカゴには生後10日ほどの子猫が6匹、もうひとつのカゴには生後3週間ほどの
子猫が5匹入っていました。
これらの子猫はすべて死んでおり、しかもすでに乾燥してミイラ化しているではありませんか。
何となく影の薄い寂しそうな飼い主さんで「すみません、さっきまで呼吸していたんですけど、何かおかしいんです。何とか助けてください。」と言って、懇願してきました。
すでに死後相当経っているのでしょうか、その間この飼い主さんは死んだ子猫たちと一緒に
生活していたことが想像されていました。
何とか、今の状況を飼い主さんに細かく説明して「手厚く葬ってください。お願いします。」と、
納得していただき帰ってもらいました。
こんな形のペットロスもあるのですね。



この記事の中にも書いてありましたが、この飼い主さんは感受性の強い方で、子猫たちの
死による精神的ダメージが大きく、その死を受け入れられなかったのでしょうね…


以前、「ペット・ロス」(←クリックするとその記事が見れます)についての記事を書きましたが、その中で「ペット・ロス症候群」について触れましたが、死を受け入れられず、まだ生きているものだと思い込んでしまったり、または、一緒に暮らしていた記憶を消してしまい、はじめからいないものだと思い込んでしまったり、違った形のペットロス症候群もあるのですね。

現在、人同士の接触が少なく、ペットに癒され依存しすぎる人が増えてきていますよね…
そういった背景が精神的ダメージを大きくしているのではないでしょうか?



自分もそうなったらと、ちょっと怖い気がしました。
マーシャは死んでいるのに、生きているかのように水やごはんをあげて一緒に寝る…
想像しただけで怖い…


悲しいけれど、続きを読む
ニックネーム のらのら at 18:02| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

ペット・ロス

先日の健康診断でマーシャの腎臓が気になり、療法の対策を考えていたところに
悲しいお知らせが2つ…

高齢犬の病気 の記事にコメントくれた方
マルチーズのラン子ちゃんはマーシャと同じ13歳
腎臓が悪くなり治療をしていましたが…
13歳の生涯を閉じ天国に召されました…

毎回楽しみに拝見していた黒豆カカオさんのブログ
17歳という高齢の真っ白なトイプードルのぷーすけちゃん
17歳になったマーシャを思わせるようなマーシャによく似ているぷーすけちゃん。
ブログでは元気そうに見えていたぷーすけちゃんも腎臓が悪くなり体調を崩し
治療していましたが…17歳の生涯を閉じ天国に召されました…


大切な愛犬を失ったショックの中、このブログにコメントを書いてくれました。

もう、涙が止まりませんでした。

気の利いた言葉が見つからず、何も言ってあげられずにすみません。

らん子ちゃんとぷーすけちゃんのご冥福をお祈りします。

マーシャの腎臓のこともあり人事(犬事)ではないと思いました。

マーシャは元気でいるのに、ぷーすけちゃんとマーシャがオーバーラップして、
なんだか私がペット・ロスになったような感じになりました…


大切なペット、パートナーを失いペット・ロス体験をした方いらっしゃると思います。




悲しいけど続きを読む
ニックネーム のらのら at 17:46| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

ペットの保険

みなさん、ペットの保険に加入していますか?

健康保険のないペットが病気をして動物病院にかかると医療費が
高いですよね。
人間と同じくペットも高齢化になり、高齢にともなう病気などで
医療費の負担も重たくなる。

そこで今、 「ペットの保険」 が注目されているようです。


先日の新聞にも「ペットの保険」のことが記事で取り上げられていた。

『ペットの保険時代』到来
ペットの病気やケガに備える「保険」が注目されている。
人間と同じように証書を提示すれば窓口で支払う自己負担額を減らせる
仕組みが広まり、サービス増加などの商品も多様化している。


マーシャが我が家にやってきた時代には「ペットの保険」なんてものは
ほとんど聞いたことがなかった。

犬が病気になるって言う認識は今よりは低かったように思う。
ペット主体の動物病院の数も少なかったし、通常と違う異変を
見つけてもすぐ動物病院に行くとこともあまりなかったよう…
病気になっても、ほっておいたら治るはず…なんてことを思っていた
飼い主も少なくはなかったのでは…

今では、コンパニオンアニマルとして家族の一員となり、人間と同じような
医療を求める時代になりました。
でも、健康保険などないペットの医療費は高い!
以前、マーシャが大学病院でCTを撮ったときの検査料は5万円!
先日、血液検査やエコー検査など薬代も含めて1万円近くかかった!
お金のことばかり言うのはイヤですが、やはり医療費の高さには
驚いてしまう!
まぁ、人間のように健康保険がないから医療費が高いのは当たり前
なんだけど…
老化にともないたくさんんも持病をかかえているマーシャには
これから医療費がいくらかかるのかと不安になっている。。。


ペットの保険についての続きはここ
ニックネーム のらのら at 19:20| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

補助犬法

みなさん、「身体障害者補助犬法」って知ってますか?

「補助犬」とは”身体障害をもたれる方の生活上必要な部分を補うように
特別な訓練を受けた犬”
たちのことを言います。

「補助犬」というのは国際的な総称である「アシスタンスドッグ」の和訳です。

日本の補助犬に該当する犬とは、盲導犬・聴導犬・介助犬です。

日本の補助犬の歴史は、1938年にアメリカ人が同伴した盲導犬の来日から始まり、
1957年に国産第一号の盲導犬が育成され、1978年に道路交通法改正で
盲導犬が法的に位置づけられました。

盲導犬の歴史は長く法的に位置づけもされていたが、聴導犬や介助犬については
法的に何もなかった。
しかし、2001年12月に「身体障害者補助犬法案」が国会に提出され
2002年5月に成立し、2003年10月に完全執行された。

「補助犬法」についてのHPはここ↓
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/hojyoken/



補助犬についての話しはここをクリック
ニックネーム のらのら at 00:24| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

動物愛護とは?

 「子いぬ・子ねこの飼い主探し会」に行ってきた。

行われたところは動物管理センターいわゆる保健所ってところです。

DSCF0875.JPG

地域によっては「動物愛護センター」とか「動物保護センター」とか名称も様々。。。

友人の付き添いで行ってきたのですが、いろいろとショッキングなことが…

場所は人里はなれた奥地…清掃工場の横にある…
こんな奥地に人が集まるのだろうかと心配していたが、たくさんの人がいた。

DSCF0866.JPG

駐車場には車がいっぱい…
こんなにもたくさんの人が子犬、子猫を探して来ている…

今回も重たい内容ですが続きを見てください
ニックネーム のらのら at 00:34| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

悲しい現実…

昨日、台風台風が北海道にやってきました!
あのアメリカで大きな被害をもたらしたタイフーン”カトリーナ”よりも勢力が
強いらしい…
台風14号が北海道に上陸!!
小中学校が台風のために休校にまでなった。
昨日は雨風が強くて台風の影響を考えてちょっと不安な気持ちで就寝…
しかし、今朝、空は青くお日様晴れが出て天気がいい!あれっ?台風は?
どうやら過ぎ去ったよう…風は強いけど…

昨日は台風でお散歩に行けず、マーシャはそわそわ…
私が動くたびに、「お散歩?」という目で私の動きを追う…ツライ!
DSCF0833.JPG


雨風が強い中、昨日トリミングのお仕事に行ってきました。
お仕事といっても、古くからお付き合いのある犬猫のレスキューをしている方の
おうちなので遊びに行ったという感じかな?
あのダンボール箱に入れられて捨てられた子猫ちゃんを保護しているおうちです。
(里親募集中です…詳細は下線の子猫ちゃんをクリック)
DSCF0793.JPG


このお宅のペルシャ猫ちゃん”マリちゃん”の毛のカットの依頼でした。
マリちゃんは、ブリーダーのところで狭いゲージに入れられて産めよ増やせよで
出産を繰り返しさせられてボロボロの体になっているところでレスキューされました。
過酷な出産をさせられたために、病気が体のあちこちから発症…今病院通いの日々です。

ペルシャは長毛種のためやはり毛玉になりやすい。
ワンちゃんのように大人しく毛玉をとかさせてくれるなんて猫ちゃんには無理
なので、毛玉ができたところはハサミやバリカンで短くカットです。
マリちゃんもお尻周辺とお腹、胸周りをすっきりと短くカットしました。

猫ちゃんのトリミングは大変!
単独行動の動物ですから、大人しく何時間もじっと耐えているなんて初めから
無理!
動物病院で麻酔をかけてトリミングすることもあります。
私は、マリちゃんのように大人しい猫ちゃんしかトリミングはしませんけど…
ワンちゃんと違い猫ちゃんは束縛がとてもストレスになるのでトリミングは極力
避けたいです



続きはここをクリック
ニックネーム のらのら at 13:36| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

ペットランドリー登場

先日、ショッキングな映像を見た。

女性2人組の「オセロ」が司会をしている番組を何気なくみていた時のこと

「急成長するクリーニングビジネス特集」
↓様々なアイデアのクリーニング事業を紹介していた。
http://mbs.jp/shittoko/index2.html

そのクリーニング事業のひとつに「犬専用ランドリー」が紹介された。


ドッグカフェの中に犬の洗浄機なるものを置いていた。
四角いガラス張りのボックスでその中にダックスを3頭入れ、お金を入れて
タッチパネルで洗浄プログラムを選びスタートさせると…
お湯と洗浄液が四方八方から噴水のように飛び交う!

中に入れられたダックスは驚きと恐怖でパニックっている。
その様子を見ていたスタジオのゲストの人たちの顔はかなり引きつっていた。

見るに絶えない光景…まるで拷問…虐待のように感じる。

洗濯のコインランドリーと同じ…犬は洗濯物と同じ扱い???
恐ろしい光景でした。

ペットランドリーの実態はここをクリック
ニックネーム のらのら at 15:50| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

里親募集!

信じられないことが起こりました!! あってはならないことが…

古くからお付き合いのある方から緊急で連絡がありました。

その方の家の前に段ボール箱が突然置かれてました。

恐る恐る中を開けてみると、子猫が…捨て猫です!

まだあどけなさが残る子猫を…ダンボールに入れて…

DSCF0772.JPG

こんなことが現実に起こっていいのでしょうか??

おもちゃやぬいぐるみじゃないんですよ!!

命ある生き物をダンボールに入れて物のように捨てるなんて…

悲しみと怒りで打ち震えています!!!





子猫ちゃんの様子はここをクリック
ニックネーム のらのら at 00:19| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

一人暮らしのペット

いつも観ている小倉さんがメイン司会の朝の情報番組

その番組の中で、今、女性に人気のペットが紹介されていた。

タイトルは「女性を魅了するかわいい癒しペット」だった…

おいおい、また小型犬種でブームをつくろうとしているのか〜と思っていたら

なんと、犬もネコでもハムスターでもなく ヤドカリ だった

ヤドカリ〜〜?貝のおうちを背負って歩いているあのヤドカリ?
海の岩場に行くとよく見かけるけど…

それも、若い女性に人気なの???

ヤドカリといっても海ではなく陸(おか)に住むオカヤドカリなんですって!
オカヤドカリは、熱帯のの陸上で生活していて、日本国内では鹿児島、
小笠原諸島、沖縄諸島に生息しているようです。

日本のオカヤドカリはすべて天然記念物に指定されているので捕獲してはいけないようで
ペットショップで売っているのは国から許可を受けている限られた業者だそうです。

オカヤドカリについては↓ホームページで詳しく説明されてます。
ハーミットクラブ
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/m19shun/

え〜っと…なんで私はこんなにヤドカリのことを詳しく説明しているのだろう(笑)


続きはここをクリック
ニックネーム のらのら at 14:44| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

ペットと共生

ここ数日間、目にとまった新聞記事がある。

「ペットと共生」「飼い主のモラルに」の関する記事
私たち飼い主が考えていかなければいけない内容の記事です。


   「ペットと共生へ 行動計画策定」

犬のフンの放置などペット問題に悩む東京都世田谷区が動物との共生を目指す行動計画をまとめた。世田谷区の犬の登録数は約2万7千匹で東京都23区で最多。動物愛護管理法や都条例などは犬や猫などの飼い主の責務を定めているが、フンの後始末やなき声、放し飼いなどの苦情が年間千件以上あった。

「世田谷区 人と動物との調和のとれた共生推進プラン
@フンの始末など飼い主のモラル面を含む無料しつけ教室の開催
A子供への動物愛護教育と動物飼育の実施
B動物ボランティアの育成
こうした行動計画は全国的にも珍しいことです。



ついに、行政が動きました。これって、喜んでいいのでしょうか?
行政が動いて行動計画をまとめるくらい、モラルのない飼い主が多いってことですよね?
フンの始末、なき声、放し飼い…きちんとマナーを守っていればこのような問題は
起きないはず!

ペットとの共生の続きはここ
ニックネーム のらのら at 18:09| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

子イヌを飼う

猛暑が続いていた北海道ですが、昨日、今日と気温は下がり涼しい北海道になりました。晴れ

あとは、秋に向かって気温が下がる一方になるのかな?


先日の日曜日、たまたま”みのさん”司会の動物番組にチャンネルが合い気になるコーナーが…

またです… 「初めての子イヌ」ワンちゃんの購入
以前、このブログでも記事にしましたが、その続き…です。
(下線文章をクリックするとその記事が見れます。)

マンションで犬を飼うと決めたまだ小さな男の子がいる一家の子犬選びです。
今回は考えた末についに犬種を決めた!
トイプードル(やっぱりね…)とフレンチブルドッグと2頭に決定したらしい…

そこで、ドッグアドバイザーと共に「伊豆高原ドッグフォレスト」犬と触れ合える
テーマパークに子犬選びに行った。
http://www.dogforest.com/ ←HPにもこの番組のことが載っていた。

まずは、生後3ヶ月のブラウンプードルの子犬
一家は男ばかりだから犬はメスにしようと、メスに決定!

そして、生後3ヶ月のフレンチブルドッグの子犬
体が白の子犬か白に黒の模様が入っている子犬かで悩み、白毛の子犬に決定!

え〜〜あせあせ(飛び散る汗)どちらもそんな安易な理由で決めていいの〜〜?


続きはここをクリック
ニックネーム のらのら at 13:25| ペット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする