2008年11月26日

病院通いの日々

寒い!寒いです!
真冬並みの気温が続いている北海道。。。
コタツだけではもう寒さには耐えられず、毎日ストーブが活躍中。


突然の瀕死状態からみごと快復したマーシャ。
元気になったと思っていたのもつかの間…
また病院通いの日々が続いてマス。

10日ほど前から左の鼻からくしゃみと鼻水が突然出はじめて…
黄色のドロっとした鼻水が一日中出ている状態が続いていて…

もちろんすぐに病院へ連れて行き、主治医の診察を受けて、、、
診察結果は「鼻炎」とのこと。

(鼻炎についてはこちらを参照→ 「犬の鼻炎」 )

鼻炎の治療は抗生物質や消炎剤の投与が基本とのこと。
主治医も「抗生物質を飲ませれば3日くらいで治まるよ」
と言っていたので、ただの鼻炎だと軽く考えていたんだけど…

治るどころか、だんだんひどくなっていき、くしゃみと鼻水で
夜ぐっすり寝れない状態が続いている寝不足気味のマーシャ。

消炎剤も処方してもらい抗生物質と合わせて飲ませていても
くしゃみと鼻水が止まらず、薬の効果はイマイチ。。。
鼻の周りは鼻水がついて黄色く常に濡れた状態になっている。
DSCF6750.JPG

寝不足気味だから元気もなくて食欲も低下、体重も減少。
またグッタリと瀕死状態になるのではないかと心配の日々。。。


マーシャの鼻炎は治るのか?…続きはここ

ニックネーム のらのら at 16:37| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

元気になりました!

とうとう雪が降りました。。。

あたり一面真っ白になりました。
でも、積もることはなくすぐ融けましたが…

一部地域では、20〜30pの雪が積もったとか。。。
同じ北海道でも地域によって雪の降り方はさまざま…

寒い…すごく寒い!
最高気温が6℃で最低気温が−2℃とか…
ついに、我が家もストーブのスイッチをポチッとしました。
あ〜〜いよいよ冬がやってキターーーー!

ご心配おかけしましたマーシャですが、すっかり快復し元気です。
相変わらず、コタツ布団の中でまったりしていますが…
DSCF6658.JPG

あの時のグッタリとした瀕死状態のマーシャを想像できないくらい
元気になりました。
食欲あるし、散歩も行くし、吠えるし…(~_~;)

でも、朝起きたらまた突然グッタリとして瀕死状態になっているの
ではと、多少の不安はまだありますが…

老犬って何が起こるかわからないですね。
しっかりと定期的に検診をしていても突然異変が起きますからね。
わたし達よりも早いスピードで年を取っていくので、昨日は元気でも
今日は…という意識で老犬と暮らさなければならないですね。

今回なぜ突然マーシャの体調に異変が起きたのか原因を探るべく
いろいろな検査をしました。
レントゲンやエコー検査、一般の血液検査ではまったくの異常なし。

しかし、主治医が今回のマーシャの症状を診察して、疑いのある病気
があるから検査したいと言ってきた。


疑いのある病気の結果とは…続きはここ!
ニックネーム のらのら at 15:07| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

魔の1週間

暖かい秋だな〜と思っていたら、急激に気温が下がり…
冬のように寒い北海道。。。

ストーブのスイッチを入れたお宅もいたようで…
我が家はついにコタツが登場!
ストーブはまだまだ…灯油代が高いからね…(-_-;)
コタツでなんとかがんばっております!

先週1週間は「魔」でした。。。
何が「魔」だったかというと…マーシャがどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)

朝起きると、マーシャに異変が!!!
グッタリしてブルブル震えて…あきらかに様子がおかしい!
昨夜まではいつもと変わらないマーシャだったのに…何があった?!
このまま死んでしまうのではと思ったくらいグッタリしているマーシャ。

朝一で病院に駆け込みました!
主治医もマーシャの状態を見て「様子がおかしい」と…
熱を計ると39.8℃もある…高熱だ!

レントゲンと血液検査をしたけど、特に異常は見られず。。。
血液検査で貧血状態と出たが、直接の原因ではないようで…
目から粘っこい黄色の目ヤニが出ていて、目の炎症も起きている。

免疫力が一気に低下して、体のあちこちに異変が起きているようで…
点滴と注射を打ち、とりあえず様子を見ることに。
本当は、原因がわからないので病院に入院させて様子を見ながら治療
をした方がいいとは言われたのですが、なにせ老化とともに分離不安
が強くなっているマーシャですから入院がストレスになり病状が悪化
する可能性が強いので自宅に連れて帰り、夕方もう一度病院に連れて
行くことになりました。

マーシャが安心できて大好きな場所はコタツ布団の中…
DSCF6653.JPG

ピクリとも動かず死んだように寝ているマーシャ。。。
「このまま死んだらどうしよう…」と泣きそうな状態のわたし。。。
何をする気も起こらず、ただマーシャをじっと見ているわたし。。。
悪いことばかり想像してマイナス思考状態になっているわたし。。。

生きた心地がしない。。。


その後のマーシャは???…続きはここ
ニックネーム のらのら at 13:23| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

また病気が増えた。。。

4月になりましたね!
暖かい日が続いていたけど、今日の北海道は冬に逆戻りのように寒い。
いちおープラス気温だけど、風が冷たくて寒いよぉぉ〜
釧路や網走など道東地域は一日中雪だとか…
春だわ〜と浮かれていられない北国北海道雪

さて、気になるマーシャの目ですが…
眼科専門医に診察してもらいました。

キャリーバッグが大好きなマーシャは、キャリーを見せると興奮して
早く中に入りたいとアピール。
嫌いな病院に行くとも知らず、喜んでバッグの中へ…(~_~;)
DSCF5931.JPG

キャリーバッグの中に入ると、なかなか出てこない。
かなりお気に入りらしい。
クレートトレーニングするまでもなく、子犬の頃からキャリーバッグの
中が大好きだった。
でも、キャリーバッグでいつも行くところは、嫌いな動物病院なのに…
なぜ好きなのか…?ちょっとナゾだ。。。

専門医による診察の結果は…

マーシャの目は…?続きはこちら
ニックネーム のらのら at 15:27| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

次から次へと…

プラス気温の暖かい日が続いている北海道です。
雪がすっかり解けちゃいましたぁ〜ぴかぴか(新しい)

あ〜やっと、寒くて雪かきが大変な冬が終わったぁ〜ダッシュ(走り出すさま)
今年の冬はホントに寒かった。。。

我が家のリビングには、暖かい日差しが入り込んでポカポカ気持ちよく
マーシャはひなたぼっこを満喫中♪
DSCF5856.JPG

寒い冬の間、まともな散歩がほとんどできず運動不足になっていた
マーシャの足腰はかなり弱ってきている…。
主治医からは、足腰の筋肉を落とさないようにと無理しない程度の
散歩をすることを勧められているので、毎日少しづつ散歩しています。

昨年よりもさらに歩くスピードは落ちてきて、かな〜りゆっくり
スローペースの散歩になってます。
日々感じる足腰の老化。。。

先日、しばらくぶりにマーシャにてんかん発作が起こりました。
昨年1年間は、発作らしきものはほとんど起きなかったのに…
どうして急にてんかん発作が…?
う〜ん…ちょっと心配。。。これは老化とは関係があるのだろうか?

もうひとつ、気になり心配なことがある。
明るいところや日が当たる場所に行くと、マーシャの目はまぶしさで
開けていられなくなり、そして動けなくなってしまう。
DSCF5656.JPG

室内でも外の散歩の時でも、マーシャにとって明るいところはかなり
まぶしく感じるようでまったく前に進めず、手足がパニックを起こした
ようになりこけてしまうこともあるのだ。

以前、目が白く濁ってきたので診察してもらったが「水晶体硬化症」
という老化による疾患で視力は失わないとのことでちょっとホッと
していたけど…
マーシャの目がとても気になる…心配になり主治医の診察を受けた。

主治医に診察をしてもらい、可能性のある疾患の説明を受けたけど、
眼科の専門医の診察を受けた方が確かだということで、主治医の知り
合いの眼科専門医を紹介してもらい、診察を受けることになりました。
つまり、セカンドオピニオンですね。

う〜〜〜マーシャ…次から次へと病気が発症…もうやだ〜(悲しい顔)

高齢になると健康維持って難しいですね。。。

マーシャの目については、次回の記事にて…犬(泣)



ニックネーム のらのら at 11:47| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

持病進行中…

最近、シャンプーするたびにマーシャの被毛が薄くなってきていること
がとても気になる。。。

人間と同じく犬だって老化で被毛は薄くなるけれど…
マーシャの場合、単なる老化現象での被毛の薄さではない。

この背中の被毛の薄さは、病気による脱毛症状なのだ。
DSCF5742.JPG

あれは、2年前のこと…
やはり被毛の薄さが気になり、ある病気を疑って検査をしたところ…
悪い予感は当たり「甲状腺機能低下症」という病気が発症していたのだ。
その時の記事はこちら右 「新たな病気発覚」

体の中でつくれなくなった甲状腺ホルモンを外から薬として補充すると
いういたって簡単な治療なのだけど、弁膜症という心臓病を抱えている
マーシャの場合はかなりの注意が必要になること。
そして、甲状腺ホルモンは基準値より若干低く、病気の程度としては
重いほうではなかったこと。
など、マーシャの心臓のことを考えた上で、薬の投与はしないことに
したのだ。

しかし、自然完治などするわけもなく、病気は進行していくわけで…
薬を飲んで甲状腺ホルモンを補充しないと、どんどんホルモンが足り
なくなり、被毛がどんどん薄くなり疲れやすく、元気もなくなる。

病気の進行がとても気になるので、今回、再度甲状腺ホルモンの検査
をお願いした。


気になる検査結果は?…続きはここ
ニックネーム のらのら at 18:03| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

関節痛のケア

気がつけばクリスマス…

今年もあと1週間ほどで終わりかぁ〜

この時期になると1年の早さをしみじみ感じる。。。


北海道は例年通り寒い!
寒い毎日が続いているけど今年は雪が少ない。
雪が降っても積もらずすぐ溶けたりして、根雪になかなかならない。
このまま雪が積もらず春になればいいと願っていたけど…

やはり、ドカッと降りました…そして積もりました。
DSCF5490.JPG

今年最初の雪かきをしました。
やっぱり、北国北海道だなぁ〜

ついに、根雪になってしまった…もう溶けることはないだろうな。
DSCF5464.JPG

老犬マーシャの散歩は天気がよいポカポカ日和だけとなりました。
雪が降る寒い冬の散歩だけ服やセーターを着て散歩に行きます。
DSCF5468.JPG

でも、5分もしないうちにブルブル震えて歩かなくなるマーシャ。
服は着ていてもマイナス気温の中散歩は老犬には厳しい寒さだよね。
足が一番冷たく感じるみたいで歩かなくなるんだよね。
冬の散歩は5分で終わってしまう。。。

ドカッと雪が降った後、何日も雪が降っていない。
プラス気温が続き雪が溶けてきた。

そういえば、今年はまだ1回しか雪かきをしていないぞ。
雪が降るのが少ない…今年は雪が少ないぞ。
あれっ、これも温暖化の影響なのかな?

雪が溶けた道路の散歩はマーシャにとってはうれしい。
DSCF5488.JPG
このまま雪が降らないで欲しいと願っている私とマーシャである。


冬の寒い時期になると、関節が痛むようでマーシャの歩き方に異変が…


関節痛対策の続きはこちら
ニックネーム のらのら at 00:36| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

関節ケア対策

寒い!すっごく寒い!!

なまらしばれてわやぁ〜〜〜!!!
(この意味はこちらを→ 「なまら北海道弁」 )

まだ紅葉が始まってない地域や今現在紅葉真っ盛りの地域もあるようで…

北海道は紅葉なんてものはとっくに終わり、雪ですよ雪
日中の最高気温が氷点下という日が多くなってきた。。。

コタツだけではもう寒さに耐え切れなくなり、ストーブがついに活躍。

ストーブの前で気持ちよさそうに寝ているマーシャ。
DSCF5240.JPG

老犬マーシャのために、一日中ストーブで部屋を暖かくしていたいけど
今年は灯油の価格が高騰しているからけっこうつらいっすあせあせ(飛び散る汗)

今年は省エネのコタツの出番が多くなりそう。。。
日中はおコタで朝晩はストーブの暖房対策でこの冬を乗り切ろう!
マーシャも日中はコタツにモグモグしてます。。。
DSCF5308.JPG




さてさて、前回の記事で歯周病予防対策として口内ケアのサプリを使い
始めたと書きましたが、それと同時に関節軟骨対策サプリも飲み始めて
います。



関節軟骨対策サプリとは?…つづきはこちら
ニックネーム のらのら at 17:38| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

歯周病予防対策

先日、歯周病になり麻酔のリスクを乗り越えて抜歯手術をしたマーシャ…

歯周病のためしばらくシャンプーすることができず、ボサボサ被毛の
みすぼらしい姿になっていたマーシャ…

手術後の回復が以前に比べ遅くとても心配したけど、今現在はすっかり
回復し元気になったので、先日1ヶ月ぶりにシャンプーしました。

marshatrimming2.JPG

プードルってトリミング後は本当に美しく変化しますね〜!

さてさて…シャンプーしてきれいになったマーシャだけど…

歯周病を繰り返し、何度も抜歯手術している。
(その記事はこちら→ 「抜歯終了」 )

そのたびに歯磨きの必要性を感じて、毎日食後に歯磨きしていたのに…
(その記事はこちら→ 「歯周病予防」 )


毎日歯磨きしているのになぜ歯周病になるのだ?
歯磨きの仕方が悪いのか?
体質的に歯周病になりやすいから仕方がないことなのか?

なにか対策をしなければ、また歯周病になって抜歯手術することに
なってしまう。。。
これ以上、老犬マーシャに手術という大きな負担をかけたくない!

歯磨きしていても歯周病になってしまうマーシャに、何かもっといい
予防対策はないのかっ?!


マーシャの歯周病予防対策とは…続きはこちら
ニックネーム のらのら at 14:08| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

またまた…再発。。。

3週間前のこと…
マーシャが突然、口を開けながら左に90度近く首を曲げた。

えっ?!
今まで見たことのないこのマーシャの行動に驚く。。。

何度も何度も口を開けながら左に首を曲げるマーシャ…

まさかっ!首が曲がるということは…
老犬に突発的に発症する「前庭疾患」になったの???
こちらを参照→ 「前庭疾患」

でも、眼球はグルグル回っていないし、ふらついてもいない。。。
口を開けて首を曲げる以外は、いたって正常なマーシャ。
いったい何が起きているの?
マーシャの体はどうなってしまうの?

口を開けるということは…左に首を曲げるということは…?
左側の口を触るととても嫌がるマーシャ…
左のアゴを触ると痛がるマーシャ…

もしや…この症状は…
嫌がるマーシャの口を開けて見てみると…
やはり、予感的中。。。
左下の歯グキが真っ赤に腫れていました。。。

そうです。
またしても、歯周病になってしまったようです顔(なに〜)

左のあごの下をよく見ると、ぷっくりと赤く腫れているではないか!
歯周病で歯ぐきが腫れ違和感があって首を曲げる行動になったんだね。

マーシャが歯周病になったのは今回が初めてではない。
今まで何度も歯周病になって抜歯をしている。
過去の歯周病についてはこちら→ 「抜糸終了」


歯周炎の予防は歯磨き
2年前に歯周病になって抜歯して以来、毎食後歯磨きしていたのに…
なぜまた歯周病に…。。。
こちらも参照→ 「歯周病予防」


さっそく、主治医に診察してもらうと、
「歯周病だね」と…予想通りの病名が告げられた。
「抗生剤で炎症をある程度抑えることはできるけど、根本的な治療は
原因となっている歯を抜くことだよ」
と言われ…

ええ…わかっていますとも!
何度も歯周病になりその度に抜歯手術をしていますから。。。
だからこそ、毎食後に歯磨きをしていたのに!

マーシャの歯自体は毎日の歯磨きで歯石はほとんどなくきれいな歯を
しているのですが、歯周ポケットになりやすいく細菌が感染しやすい
体質みたいです。
歯だけではなく、歯周ポケットまで深く歯磨きしなければならなかった
ようです。。。


抜歯するということは、全身麻酔するということ。
15歳という高齢の全身麻酔は当然リスクがある。
2年前の抜歯手術に比べ今回の抜歯手術の方がリスクは大きい。
一昨年は歯周病で2度の抜歯手術、昨年は乳腺腫瘍で手術、
今年は歯周病で抜歯手術、毎年全身麻酔をしての手術をしているもうやだ〜(悲しい顔)

あ〜〜あ、15歳になっての手術はとっても心配だよ!!!
でもでも、抜歯しなければ歯周病が治らない。。。

…悩んでも仕方がない。この病気を治してあげなければ!

不安いっぱいの中、先日抜歯手術をしました。


抜歯手術は成功したのか?…続きはこちら
ニックネーム のらのら at 18:41| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

健康を願って定期健診

動物病院に行ってきました〜!
…と言っても、マーシャが病気になったとかではなく定期健診で
行ってきたのです。

今年で15歳になった我が家の老犬マーシャは、1ヶ月に1回必ず
動物病院に行っている。
たくさん持病を抱えているし、早期発見早期治療のために定期健診
をしているのです。

人より速いスピードで歳をとる犬だからこそ定期健診がとても重要!
老化に伴う病気の発症はいつ起こるかわからないし、老犬になると
老化現象なのか病気なのかの区別もつきにくくなるので、何も問題
がなくても必ず定期的に主治医に診てもらっています。

1ヶ月に1回の定期健診は、体重や体温を計り心臓の音を聴いて
もらう聴診や体のあちこちを触ってもらう触診、そしてマーシャ
の生活状況や気になることなどを聞いてもらうなどです。

そして、4ヶ月に1回は健康診断で、血液検査や超音波検査、
レントゲンなど本格的な検査をしています。

健康で快適な老犬生活が送れるよう定期健診は飼い主の努めですからね!
DSCF4752.JPG

マーシャの体重はだんだん減ってきています。
以前2kgあった体重が、現在は1.6s…抱き上げるととても軽い。。。
歳をとっていくと若い頃に比べてやせるのが老化だから仕方ないけど…
体を触ると骨のゴツゴツ感があってやせているなとしみじみ感じる。

心配している心臓の病気(この記事参照→高齢犬の病気)の進行状況は
いまのところ心配ないらしい。
これも発症した9歳の時からずっと薬を飲んでいるおかげだろう。
この老化に伴う心臓の病気は発症し始めた初期の頃から飲み続けると、
4,5年後の病気の進行状況(生存率)が違うらしい。

今一番心配しているのは、日に日に足腰が弱くなっていること…



心配なマーシャの足腰は…?続きはこちら
ニックネーム のらのら at 00:50| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

治療中…

先月15歳になった我が家の老犬マーシャですが、またまた病院のお世話
になりました。

この歳になると老化に伴う病気の発症は覚悟しているわけで…
次から次へと病気が発症いたしまして…
今年は何度病院のお世話になったことか。。。

マーシャの主治医から
「開院当初からのプラチナ患者だね」と言われ、まるで特別会員のような
VIP待遇を受けております。。。
本当はVIP待遇になるくらい病院のお世話になりたいくないんですけど…


今回病院のお世話になった原因は、目です。

3日くらい前から涙の量が増えて目の周りが常に濡れていました。
DSCF4443.JPG

黄色の粘っこい目ヤニも出てきて、白目が赤くなっているぅ〜〜あせあせ(飛び散る汗)

昨年も目の病気になり治るまで大変だったと思い出した!
その様子はこちら右 「一難去ってまた一難…」

そうだよ〜〜昨年は目の治療で大変な目にあったんだよ!
エリザベスカラーのストレスでいきなり体重が減ったし…
それでなくても体重が減って今1.7sしかないんだから、これ以上体重が
減ったらマーシャの体力が心配だよ〜〜

早期治療が何よりなのですぐに病院へ!!!

DSCF4434.JPG

まったりしている場合ではないのだぁ〜〜病院へGO!!!



マーシャの目は?…続きはここ
ニックネーム のらのら at 02:53| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

フィラリア予防

フィラリア予防の季節が始まりましたね。

我が家のマーシャもフィラリア予防対策のため動物病院に行ってきました。


北海道は、一昔前まで蚊が少なくフィラリア症にかかる犬はほとんど
いないと言われていました。
そのため、北海道のフィラリア対策は認知度が低く
「北海道は蚊が少なくフィラリアにかからないから予防なんてしなくてもいいよ」
と言っていた獣医師もいたくらいです。(今でもいるようですが…)

暖かい本州と比べ夏でも気温が低い北海道は感染の機会はまだ少ない
のですが、室内犬でも3%の感染率が報告されているらしく、予防対策
をする飼い主が増えてきました。

北海道に住んでいるからって安心はできないのです。

フィラリア予防には、まず検査をするのはみなさんもご存知ですよね。
血液検査が一般的ですが…
「毎年フィラリア予防薬を飲ませているのだからフィラリア症にはなって
いるはずがないので検査をせず予防薬だけ欲しい」

と言う飼い主さんがいるらしい。。。
検査をせず、予防薬だけ渡す獣医師もいるらしい。。。

フィラリア予防の薬は要指示薬で、獣医師が診察し血液検査をしないと
処方できないお薬
なのです
もし、検査をせず薬を飲ませて何か問題が起きても薬のメーカーは一切
責任を負わない。
責任は、獣医師と知っているのに検査はいらないと言った飼い主が負う
ことになる。


しかし…

早めに投薬期間を切り上げてしまった。
薬を与えるのを忘れた月がある。
犬が薬を吐き出していたのに気がついていない。


…という理由から、予防薬を飲ませているから絶対に大丈夫と安心は
していられないのです。
予防薬がきちんとフィラリアから守ってくれているか確認のためにも
検査は必要です。
毎年予防薬を飲ませていても毎年必ず検査をしましょう!

さて我が家のマーシャの検査は…


フィラリア検査結果は…?続きはここ
ニックネーム のらのら at 02:28| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

リハビリシャンプー

今年で15歳になる我が家の老犬マーシャはたくさんの持病を抱えている。

今一番気になるマーシャの病気は「甲状腺機能低下症」だ。
(その病気については右 「新たな病気発覚」

この病気の特徴のひとつは、毛並みや毛ツヤが悪くなり、被毛がはげて
しまうことで、マーシャも背中の被毛が薄くなり、今は首や頭の被毛ま
でも薄くなってきている。
DSCF2808.JPG

シャンプーしている時はあまりの被毛の薄さに驚いていまうほどだ。

体の中でつくれなくなった甲状腺ホルモンを飲み続けると被毛は生えて
くるのだが、ホルモン投与は心臓病の持病があるマーシャの負担を考え
てごくごく少量のホルモンしか飲ませていない。
少量のホルモン投与ではあまり効果が表れず、被毛は薄くなるばかり…


でも、主治医からは「あれっ?毛が増えてきているんでは?」
よく言われるけど、被毛が生えてきているわけではないのです。


マーシャの被毛が気になる?…続きはここ
ニックネーム のらのら at 20:52| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

手術の報告

最近、愛犬マーシャのことがすっかりとご無沙汰…あせあせ(飛び散る汗)

2度目の乳腺腫瘍の手術についての報告もしてなかった。。。

今回乳腺腫瘍が発症した場所は、右前足の脇周辺でした。
また4mmの小さなしこりでした。

(前回の手術についてはこちら右 「手術無事終了」 )

今回は脇周辺の薄い皮膚と複雑な血管が通っている場所なので手術は
前回よりも気を使うらしいのです。

DSCF2644.JPG


今回の手術も立会いをしたので手術の様子を最初から最期まで見ました。

「ここをこのような形で切るから、このくらいの大きさの傷口になります」
「ここに血管が通っているから傷つけないように切りますからね」


と、説明しながら手術してくれたので安心して見ることができました。

手術というと、血がドバドバ出てくるイメージがあると思いますが、
乳腺腫瘍は皮膚を切り取る手術なので血がまったくでませんでした。


今回も心臓も安定していててんかんが起きることもなく、あっという間に
手術は終わりました。


手術後のマーシャは?…続きはここ
ニックネーム のらのら at 23:35| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

ショックなお知らせ…

秋晴れのいい天気が続いてます。
日が暮れるのが早くなってきて、夕焼けを浴びながらの散歩は何だか
ちょびっとセンチメンタルな気分になりますね。
秋を感じる今日この頃…紅葉
DSCF2330.JPG


乳腺腫瘍の手術が無事終了、ものもらいができた目も治り、エコー
検査では異常なし、体重も少しづつ増えてきてマーシャに平穏な
まったりとした日々が戻ってきた。


ところが…またマーシャに異変が!!!

まったりとしていたマーシャにブラッシングをしていたら、発見して
しまいました…あせあせ(飛び散る汗)



またまたマーシャに起きたショックな出来事とは?…続きはここ
ニックネーム のらのら at 15:30| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

信頼できる獣医とは…?

今日は敬老の日ですね。。。

我が家の老犬マーシャは14歳…人間の歳では70歳くらいでしょうか…
老化に伴い様々な病気が発症してますが、まだまだ元気なおばあちゃんです!

ご心配おかけしました老犬マーシャの目ですが、点眼薬で治り手術は
免れました顔(笑)
以前のようなパッチリとしたクリクリお目目に戻りましたGood
DSCF2531.JPG

一日5回以上の点眼をし続けて、4日目に上まぶたの白いできものが
小さくなっているではありませんかっ!。
さっそく主治医に診察してもらうと、このまま点眼薬を続けていれば
治るとのこと…あ〜〜〜よかったぁ〜〜
マーシャの上まぶたのできものは「マイボーム腺腫」ではなく「麦粒腫」
(ものもらい)
ではないかとのこと。
マイボーム腺腫は腫瘍なので抗生剤の点眼薬では治るはずがなく、点眼薬
で治ったということは、ものもらいということになる。
「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」とは黄色ブドウ球菌が眼瞼や眼瞼縁に感染
するためにおこる睫毛脂腺の急性化膿性炎症
です。
化膿性の炎症なので抗生剤の点眼薬で治ったのですね!

いやぁ〜〜よかった〜と喜んでいるのもつかの間…
体重が100gほど減っている!
マーシャのような小型犬で100g減ることは、かなりの体重減になります。
食欲はあるし、食べている量は変わらないのに体重が減ると言うことは
何か問題があるあせあせ(飛び散る汗)

主治医は「食べている量が変わらないのに100グラムも減ると言うことは
どこかに腫瘍があることを疑うな…」


ひぇ〜〜〜また腫瘍ですかっどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

もう腫瘍はいいです…けっこうです!!!

とりあえず、体重管理をして1週間後にまた診察へ…もうやだ〜(悲しい顔)


マーシャ〜〜毎回診察するたびに心臓ドキドキで苦しくなるよ〜顔(なに〜)



その後のマーシャは…?続きはここ
ニックネーム のらのら at 16:28| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

一難去ってまた一難…

ご心配かけしましたマーシャですが、無事抜糸が済みました。

傷口は手術したとは思えないほどとてもきれいです。
手術後、傷口を気にしたり舐めたりすることはまったくなかったのです。
これって、主治医の腕がいいからなんですよね〜!


気になる病理検査の結果ですが…

DSCF2463.JPG


良 性 でした ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) そして、腫瘍は完全に切り取られました顔(笑)


よかったぁ〜〜〜ダッシュ(走り出すさま) 神様〜ありがとう〜〜〜ハートたち(複数ハート)
悪性だったらとマイナス思考気味だったからホッと安心しました。

しかし、主治医は…
「悪性ではないから転移の心配はないけど、良性って突発性のものだから
またどこかの乳腺に突然発症する可能性ははあるからね。」


えーーーーっ!また乳腺腫瘍の可能性が!また手術するかもなの〜あせあせ(飛び散る汗)
その時はまた早期発見早期治療だな…


我が家の主治医は検査結果を報告するだけではなく、検査資料をすべて
くれるのです。
それもコピーではなく、原本をもらえるのです。
DSCF2469.JPG

DSCF2472.JPG

これは、私がトリマーだとか元職場スタッフだったからと特別にもらえたわけ
ではなく、すべての患者さんにすべての資料を包み隠さず渡すのです。
飼い主として検査結果の事実がすべてわかるので納得いきます。
インフォームドコンセントはもちろんのこと、こうした検査資料もすべて
いただけると信頼度は高くなりますよね?
これって、信頼できる獣医かどうかの基準にもなりますね。


抜糸が済んでひと安心と思っていたら…また、新たな病気がマーシャを襲ったどんっ(衝撃)



マーシャを襲った新たな病気とは?…続きはここ
ニックネーム のらのら at 23:39| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

手術無事終了

手術は無事終了し、術後の経過もよくマーシャは元気です!

ご心配をおかけしましたあせあせ(飛び散る汗)

なぜ手術をしたかというと…実は、乳腺腫瘍が見つかったのです。

マーシャをトリミングしている最中に乳房に小さなしこりを発見
まさか、これは…と、いや〜な予感が走った。。。

すぐ主治医のところへ…
やはり、予感が的中…顔(え〜ん)
乳腺腫瘍と診断され摘出手術をすることになったのですもうやだ〜(悲しい顔)



乳腺腫瘍について調べると…

犬の乳房(乳腺)にできる腫瘍です。
とくにメスの場合、腫瘍の50%以上が乳腺にできます。
したがって、メスの場合は最も気をつけなければならない腫瘍です。
妊娠した経験があるかどうかに関係なく発生します。


…と、本に書いてありました。
発生率が多い腫瘍だとは知っていたけど…
まさか、まさか、まさか、自分の愛犬マーシャに乳腺腫瘍ができるとは
思ってもみなかった。。。



もう少し詳しく調べてみると…
イラストでみる犬の病気
小野 憲一郎 多川 政弘 後藤 直彰 今井 壮一 安川 明男
講談社 (1996/06)
売り上げランキング: 60,653


乳腺腫瘍は雌犬にのみ発生すると思われがちであるが、雄犬にも発生する。
犬に発生する乳腺腫瘍の約半数はエストロゲン(女性ホルモン)との
密接な関係があることから、初回発情前に避妊手術をすると乳腺腫瘍の
発生率が低下するといわれている。



え〜っ!乳腺腫瘍って雌だけだと思っていたら雄にも…!!!
これって人間もそうなのかな????
マーシャは9歳の時、子宮粘液症が見つかり子宮を摘出した。
避妊手術したのはかなり遅めなので、乳腺腫瘍ができてしまうのも仕方
のないことなのかも…顔(泣)

乳腺腫瘍についてはこちら右 「犬の乳腺腫瘍」




マーシャの手術については、ここ…
ニックネーム のらのら at 00:24| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

目の病気…

マーシャを連れて動物病院へ行ってきました。

数日前から気になっていた目ヤニ
以前も目ヤニと涙の異常で診察していただくと「結膜炎」との診断で点眼薬
をさして治ったことがあった。

今回も結膜炎かなと思い、以前処方された点眼薬をさしていたが、目ヤニが
いっこうに治まらない。。。
DSCF2157.JPG



今回の目ヤニは以前の目ヤニと違い、黄色の粘り気のある目ヤニだ。
朝起きると、ドロっとした黄色の目ヤニが目の周りについている。
う〜ん、これは、診察してもらわねばと病院へ…。。。

マーシャは病院のお世話になることが多いね〜
行くたびに病気が増えていく…そして、治療代も飛んでいく…もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)



今回の目の病気とは?…続きはここ
ニックネーム のらのら at 17:18| 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする